埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

花粉症と家づくり②

こんにちは、小林です
花粉症の方は洗濯物を何処に干しますか。花粉症と家づくりシリーズ②です。
d0080906_22001535.jpg
★ピンチハンガーとホスクリーン

我が家では洗濯物は室内干しとしています。
もともと共働きだった為、洗濯は夜行い寝る前に干すスタイルです。温かいお家は相対湿度が低めになるので湿度の高い梅雨時期を除けばほとんどのモノが一晩で乾いてくれます。先日花粉の恐ろしさを知った私ですが、室内干しにする事で花粉が家に入ってくるリスクが減るというメリットにも気がつきました。お外は花粉が蔓延しているのです、恐ろしくて洗濯物をソトに干すなんて・・・。

室内干しを上手く成立させるポイントとして以下をご紹介します。
①冬場の加湿を補う為寝室に物干しスペースを設定する
②換気計画を立て物干しスペースの湿度が過剰にならないよう配慮する
③脱ぐ→洗う→干す→たたむ・仕舞う→着るの動線をよく考える
④不要な時は取り外しが容易な形式とする
⑤洗濯後洗濯機内に長時間放置しないルールを家族で徹底する

あくまで個人の意見として御参考いただけましたら幸いです。写真は我が家の寝室の様子です、ピンチハンガーはホスクリーンを天井に設置し引っ掛けています。物干し竿をつける事も考えたのですが来客時に仕舞うのがメンドクサそうなので止めました。奥の3つは場所の都合で50cm未満の間隔で、一番手前は70cm程度の間隔です。ピンチハンガーの大きさにもよりますが、70cm位間隔をあけられるとピンチハンガーが回転しても隣のものとぶつからないので使い易いです。ホスクリーンの吊り金物にも長さが数種類あるのでハンガーの高さが隣同士で異なるようにするのも一手です。




 \ 冬の体験宿泊 ご予約受付中です。 /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg




↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて

d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-03-22 22:24 | 注文住宅設計 | Comments(0)