埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama

部屋干しがなかなか乾かない季節に

こんにちは、小林です
物干し場所に困ったときは。花粉症と家作りシリーズ⑤??です。
d0080906_21275408.jpg
★まだまだ花粉が飛んでいます。

春になり気温が上がり、温かな陽気の日が増えてきました。
これまでは、一晩でカラリと乾いていた部屋星の洗濯物達が乾き難くなってきました。そんなときの一工夫。

因みに、
我が家では、冬の間加湿器の変わりに洗濯物を部屋干ししています。家族5人がまとまって寝ている寝室が洗濯物干し場となります。

夜洗濯をして室内干しする場合、夜間外気温度と室温の差が大きいほど室内の相対湿度が下がり洗濯物は乾き易い状態になります。春になり夜間の外気温度が高くなってくるにつれ洗濯物が乾き難くなって行くのです。

そこで、リビングの一角にロープを使った物干しスペースを追加します。(上記写真です)
おうちの中の空気は、一定時間で外部の空気と入れ替わるよう換気計画されています。洗濯物を分散させて干す事で乾き難さを軽減する事が出来るのです。

片側を結わったロープを梁に掛けるだけなので簡単です。

d0080906_21274691.jpg
★ピンチハンガーを吊るせばこの通り

来客があった場合にサッと外せる上、設置する為に特別な工具を必要としません。
以前紹介した物干し金具を使わなくとも良いのでお勧めです。もう一つの工夫はまた後日。


今週末は吉見の家の見学会を開催します!!
d0080906_21504791.jpg


\ 今週末は吉見の家の見学会へ  /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg





↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-04-24 21:51 | 我が家の子育て | Comments(0)