埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0080906_16242419.jpg
こんにちは、小林です。

朝一番、清瀬の家契約に同席。記録をたどると2012.10.20にモデルハウスで初めてお会いしている。その後検討されている土地を一緒にみさせて頂いたり、見学会には何度もご参加頂いた。ここまで2年と8ヵ月、契約時すでに懐かしいと思える共通の思い出があるというのは凄い事だと思う。

その後、建替え検討中のお客様宅を訪問。今後の方向性について打合せ、住まいに対する思いに共感の持てるご家族で楽しい家づくりになりそうな予感がある、ハードルはどんな家づくりにも付き物なのでひとつひとつクリアしてゆけたらいい。

午後から、新規のお客様とモデルハウスでお会いする。奥様はもうすぐ出産というタイミング、にもかかわず3時間近く熱心に話を聞いてくれた。優しい人柄が感じられる同年代のご夫婦、心地よく暮らせる住まいで子供たちと豊かな時間を過ごして欲しい。どことなく物を大切にするオーラが感じられる、住まいもきっと大切に住んでくれる、一緒に家づくりが出来たら嬉しい。

良いご縁に恵まれた一日でした。いつもと同じ夕焼け空、いつもより綺麗に見えるのは心が穏やかな証拠です。感謝感謝。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_18222711.jpg

ベビーマッサージのお教室があります。
モデルハウス「成長する家」にて
詳しくは 奥山建設ホームページ→イベント情報 にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2015-05-31 16:23 | おくやまの日常 | Comments(0)

良い住宅とはなんだろう

d0080906_1214296.jpg
こんにちは、小林です。

先日業務改善のヒントを見つける為に研修会へ参加してきました。日本一と呼ばれる工務店の仕事を建築家が分析するといった内容。階高の考え方や軒や庇の役割、基本モジュールやグリッド計画、素材の選び方や窓の配置。やはり、設計・プランニングが大切。

プランニングは家族がどのように暮らして行くのかを考える仕事です。これから家を計画される方にはよくよく暮らし方を考えて欲しいと思います。間取りや金額や内装仕上げを考える事よりもはるかに価値が高いです。大切な家族と過ごす時間をイメージしてみて下さい。家で過ごす家族の時間をより魅力的で楽しいものにしましょう。人生は一度きりなのですから。

住宅設計にもトレンドがあります。
白が流行ったり黒が流行ったり、片流れの屋根がカッコ良かったり、陸屋根が求められたり、自然素材が注目されたり。流行る理由は様々ですが、流行りをまねる事は比較的容易です。しかし、流行りの廃れとともに魅力が失われないよう注意して下さい。そこでプロの住宅プランナーが考えるべきは普遍的な魅力です。普遍的な魅力ってなんでしょう。今回の研修でも住宅の普遍的魅力に関するヒントを収集できました。

僕は本能的に感じる心地よさが普遍的魅力だと考えています。だれしも心地良い場所が好きです。
『心地よい場所はどうやって作るのか』興味のある方はモデルハウスへ遊びに来てください。








■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_18222711.jpg

ベビーマッサージのお教室があります。
モデルハウス「成長する家」にて
詳しくは 奥山建設ホームページ→イベント情報 にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2015-05-30 13:10 | おくやまの日常 | Comments(0)

川島の家 基礎工事②

d0080906_10573431.jpg
こんにちは、小林です。

基礎工事中の現場確認へ。
地中梁の位置、砕石天端レベル、改良体天端レベル、砕石施工厚をチェックします。

d0080906_1116093.jpg
その後ランマーにて転圧作業。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_18222711.jpg

ベビーマッサージのお教室があります。
モデルハウス「成長する家」にて
詳しくは 奥山建設ホームページ→イベント情報 にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2015-05-29 10:57 | 現場 | Comments(0)
d0080906_153319.jpg
こんにちは、小林です。
先週までの涼しさが嘘のよう。茹だるような暑さのなか基礎工事始まりました。

まずは、基準となる高さと建物配置の確認。
ひとつひとつ丁寧に作業を進めて参ります。

7月初旬に構造見学会を予定しています。
硬質ウレタンパネル(FPパネル)とペアガラス樹脂サッシを採用した高断熱
無垢のヒノキ柱&HS金物を採用した高耐久耐震
お施主様とじっくりとプランを練り上げました。
基礎工事の様子は引き続きご紹介してゆきますので、また見に来てください。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_18222711.jpg

ベビーマッサージのお教室があります。
モデルハウス「成長する家」にて
詳しくは 奥山建設ホームページ→イベント情報 にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2015-05-27 15:28 | 現場 | Comments(0)
d0080906_1424231.jpg
こんにちは、小林です。
松山の家、工事の準備を進めています。今日は外構&造園計画について社内打合せ。

建物設計担当から、お庭の設計担当へ申し送りを行っているところです。ひとりの人間がすべて担当した方が合理的じゃないかという考えもありますが、男性目線と女性目線の両方から住まいを検討する事を大切にしています。手間は掛かりますが、楽しく暮らして頂きたいので!!

僕は、現場をスムーズに進める為にいろいろ注文をつけるお邪魔虫役に徹します。
『そういうのは後でじっくり考えればいいじゃん』という心の声が聞こえてきますが無視です。境界ブロックは先に積んだ方がスムーズだし隣地への迷惑も少ないとか、雨水をどうやって処理するのとか、残土はどのくらいでそうなのとか、質問するわけです。

良い住宅を作るためには設計が大事。
設計と言っても奥が深い世界で、プロポーションや動線、間取りの計画する事だけではありません。安全性や機能性、長く使えるように思考をめぐらす必要があります。最近では家庭で消費されるエネルギーや健康に関する知識が求められるようにもなりました。これらのバランスを取りながら、どうやって作るか考える作業です。

僕はどうやって作るかに重きを置いています。無駄をそぎ落とし、設計意図を十二分に発揮させる為には作り方もよくよく考える必要があるのです。作り手(職人)達への最大限の配慮を注ぎ込んだ図面を現場へ渡す事が、住まい手の幸せに結びつく事を知っています。思いには思いで応えるのが職人ですから。

僕が持ち歩いている現場用設計図面にはそんな思いが込められているのです。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_18222711.jpg

ベビーマッサージのお教室があります。
モデルハウス「成長する家」にて
詳しくは 奥山建設ホームページ→イベント情報 にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2015-05-26 14:01 | 住宅 | Comments(0)
d0080906_16123986.jpg
こんにちは、小林です。

奥山建設協力業者会をホットワークと呼んでいます。
今年は総会を兼ねて福島へ行ってきました。

まずは二本松農園へ。
被災地の農業についてお話を伺いました。森は青々としているのに・・・。
d0080906_16164240.jpg
線量計の数値は高い値を示します。過去は消せないし、変えられない。

d0080906_1618521.jpg
土壌にカリを漉き込むことでセシウムの吸収を抑制する効果があるそうです。何年も何年も続けて行かなければならない。

d0080906_1636294.jpg
等間隔に並んだ塩ビ製のパイプ。ここで水耕栽培が行われていました。

d0080906_16465935.jpg
土を使わず、塩ビパイプ内を循環する水から栄養素を吸収させる為土壌が汚染されている影響を受けにくく、現代の浄水技術を使えば綺麗な水の確保も可能。土中にくらべ根の成長が良いらしく、美味しい作物が育つんだとか。土の中にパイプを巡らすことで水温を一定に保つことも容易で、季節を問わず栽培できる可能性がある・・・。面白い話を伺うことが出来、厳しい現実の中に希望も存在しているんだなと勇気を貰えました。

d0080906_16563473.jpg
宿泊した土湯温泉 山水荘のお庭。光と緑がとても綺麗です。長い時間をかけて作られた自然の美しさが人間のちょっとした欲望によって壊されるって悲しい事です。

d0080906_1725554.jpg
いつも仕事でお世話になっている職方の皆様と、いつもとは違った時間を過ごせました。思わぬ発見があったり、有意義な二日間でした。ご参加頂いた皆様、そして段取りに尽力してくれた永野さんに感謝です!!

最後はホットワーク会会長の一本締めで解散。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_18222711.jpg

ベビーマッサージのお教室があります。
モデルハウス「成長する家」にて
詳しくは 奥山建設ホームページ→イベント情報 にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2015-05-24 16:11 | おくやまの日常 | Comments(0)
d0080906_10524012.jpg
こんにちは、小林です。

泥団子出そろいました。
PHは7.0から5.4でした。
PHが4台だと硬化に影響があり、3程度で硬化しなくなるという指針があると聞きました。
今回は問題無しなので作業を開始します。

d0080906_11204133.jpg
近くで見ると土にも種類がある事が判ります。
上の写真中、1番右と2番目の土を比べてみて下さい。
1番目は2番目に比べ土の粒が大きく色も赤みがあります。
2番目の土は粒が小さく、小学生の頃工作の授業で使った粘土のような触り心地で粘り気が強いです。3番目はまた1番に近い土でした。

d0080906_11272787.jpg
更に深くのサンプルをみてみましょう。
地面から5m付近のサンプルです。先ほどと何が違うかわかりますか。
①水気を帯びています。
地下に水の層があるのでしょう、比較的浅いところに水位があると予測できます。
②砂が混じっています。この大きさだとわかりにくいので拡大してみます。
d0080906_11313598.jpg
砂のつぶつぶが見えますか。
これらは、改良機によって地中のPHを確認する目的で採取された土質サンプルです。土質構成を高い精度で見極める事はできません。しかし、砂の混じり具合や湿り気は確認しておくべきです。
d0080906_11394852.jpg
地盤調査報告書でも地下5mあたりで粘性土から砂質土へ変わっており推定土質とも一致しました。木造住宅を設計する際に土の強さを換算N値と呼ぶ値を読むことで判断します。このN値は土質によって異なる為、推定土質の精度を高める事には価値があるのです。また、液状化現象のリスクは地下水位や土質情報から判断します。

まとめ
地盤が悪いと建物が傾く事があり、それを直すとなると大変な労力が必要なるばかりでなく生活に大きな支障を及ぼします。どんなに良い設計をし施工管理をしたとしても台無しになります。ですから、地盤の調査は慎重に、出来る限りの確認をすべきです。また、地盤調査は機械で行うことが多くなってきました。機械は故障するかもしれませんし、調査員や考察担当がミスをする事だってあるでしょう。ですから、現場で自分の目で確認出来る事は確認するのが良いと思いませんか。

また、腐植土と呼ばれる植物が腐ってできた土の層があるとセメント系改良体の硬化を妨げ計画している強度が得られないそうです。腐植土の判断は土の匂いを嗅いで確認すると教わりました。試験体の匂いをチェックしましたが、変わった匂いがするものはありませんでした。

安心を高める為に出来る事を。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_18222711.jpg

ベビーマッサージのお教室があります。
モデルハウス「成長する家」にて
詳しくは 奥山建設ホームページ→イベント情報 にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2015-05-21 12:26 | 現場 | Comments(0)
d0080906_11102670.jpg
こんにちは、管督の小林です。


川島の家工事始まりました。
まずは地盤改良工事です。
d0080906_11164692.jpg
建物配置、地面の仕上がり高さ、杭位置と本数、杭頭高さ、工事車両の出入り方法、駐車方法、残土の処理などなど確認し合い作業開始です。

d0080906_1120562.jpg
まずは土質の確認作業。
表面から6mの深さまで50cm刻みに土を採取し、PH測定を行います。

d0080906_11233416.jpg
PH7で中性、数値が小さければ酸性、大きいとアルカリ性です。たしかセメントのPHは10前後だったと思います。また、酸度が強いと改良体の強度に悪い影響が出るようです。ここはしっかり確認しておきたいところです。

改良業者を疑っている訳ではないのですが、PHとは別に現場で確認してい事があります。(つづく)



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_18222711.jpg

ベビーマッサージのお教室があります。
モデルハウス「成長する家」にて
詳しくは 奥山建設ホームページ→イベント情報 にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2015-05-19 11:44 | 現場 | Comments(0)
できることから少しずつ!
・・・と、自分に言い聞かせて、ホームページをちょっと更新いたしました。

ご覧いただけたら嬉しいです。

d0080906_18142011.jpg



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_16492778.jpg

モデルハウス「成長する家」にて
詳しくは 奥山建設ホームページ→イベント情報 にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239
暮らしを愉しむ 吉見の家ブログ


d0080906_16292787.jpg

奥山建設モデルハウスでの ベビーはだかんぼうフォト撮影会
次回は5月末を予定しております。
カメラマン栗原美穂さんのサイト
[PR]
by fp-okuyama | 2015-05-01 18:16 | おくやまの日常 | Comments(0)