埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama

<   2016年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

良い家ってなんだろう

d0080906_1413621.jpg
こんにちは、小林です。

今日はモデルハウスの担当です。
埼玉県ふじみ野市にあるモデルハウス『成長する家』は今年で築9年。無垢の構造体やフローリングは使い込まれた感じを醸し出し始めました。なんとも居心地が良いものです。

身の丈サイズのモデルハウスにて、
椅子に腰掛け、
良い家ってなんだろうと考えてみます。

お施主様ご家族が入居して、その家を離れる事になるであろう数十年先の未来まで。
この家を建てて良かったと、幸せな人生を歩んだなと。
そんな風に考え至る住まいづくりの事では無いでしょうか。

好きなものに囲まれて暮らしてみませんか。
使い込む程に愛着の増すそんなおうちで暮らしませんか。
家族が笑顔で暮らせる住まいを考えてみませんか。

木の美しさ、物づくりの魅力に魅せられて。
《 居心地良い場所づくりを追い求る工務店より 》



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


d0080906_12343494.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
注文住宅や木の家づくり、庭のある暮らしにご興味ありましたらお気軽にお問合せ下さい☆
株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2016-07-31 14:21 | モデルハウス | Comments(0)

工事費用節約の為に??

d0080906_16333012.jpg
こんにちは、小林です。

先日目地入れまで終わった吉見の家の玄関ポーチです。グレー色の目地にするか最後まで悩みましたが、可愛らしい印象になる白目地で施工しました。白い外壁ともよく似合っています。これからどんな経年変化をするのか見守りが楽しみでもあります。

d0080906_16374012.jpg
タイル屋さんから勧められた事もあり、撥水剤を施工する事にしました。費用削減の為、施工は息子と一緒に行います。

※約12㎡の床を施工するのに1時間程度(2回塗装にて)、その後乾燥させる為に5~6時間上に上がれません。また、目地や石材が乾燥している方が綺麗に仕上がる為目地入れ当日の施工は△です。この為だけに一日来てもらうのは・・・。という経緯がありました。

d0080906_16423640.jpg
なれない中腰作業に息子はこのあたりでギブアップ。お手伝いどうもありがとう!!

d0080906_16463880.jpg
もう一人の息子は、、、。

と夏休みの良い思い出づくりになったわけですが。
撥水剤を、石材屋さんまで買いに行き(入間方面にあり車で片道1時間)、塗装用のローラーや手袋をそろえて・・・。節約になったかどうかは深く考えない事にしておきます。

夏休み、家族でものづくりを楽しみましょう!!


\ 使ったタイルはこちらです /
VENEZIA:東京水産



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


d0080906_12343494.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
注文住宅や木の家づくり、庭のある暮らしにご興味ありましたらお気軽にお問合せ下さい☆
株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2016-07-30 17:04 | 現場 | Comments(0)

自然石タイル 

d0080906_16224339.jpg
こんにちは、小林です。

玄関ポーチの仕上げ工事3日目です。
今日は残りの自然石タイルと目地入れ作業を行います。
d0080906_16281534.jpg


d0080906_16283456.jpg
近くで見るとこんな様子です。正方形と長方形の石材をブレンドしています。床の色味が変わるだけで玄関の雰囲気が明るくなったように感じます。

白茶色の石材に、草木の緑が良く映えます。樹と石と、自然のものに囲まれた木の家で暮らせる事に感謝です。

\ 使ったタイルはこちらです /
VENEZIA:東京水産

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


d0080906_12343494.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2016-07-29 16:38 | 現場 | Comments(0)
d0080906_19253349.jpg
こんにちは、小林です。

先日お休みをいただき妻の定期検診へ表参道へ行って参りました。
診察の合間に『おもはらの森』へ。
d0080906_19534386.jpg
息子たちが寛いでいる間に観察です!!

d0080906_19284698.jpg
直径で6cmくらいのオレンジ色の花。近くで見ると派手な柄ですが、大きな庭にポツンと佇んていると何だか良い感じ。こういう花を使うときは群生させないよう手入れしてみようと思います。

d0080906_19315811.jpg
中央主木はクスノキ、力強い幹の質感です。中木としてソヨゴ、低木としてドウダンツツジやクチナシが。以前ここでクチナシの白い花と良い香りを知り近くの園芸店を探して回った事がありました。
樹形を小さくまとめ且つ自然体を感じられる剪定は難しいのだと感じました。
d0080906_19414011.jpg
大きなオリーブの木。
太い幹を切り詰めた後から新しい枝が伸びてきているところです。なにか理由があって切られた跡なのでしょうが痛々しい感じです。オリーブは常緑樹でありながら葉っぱの雰囲気が優しくて気に入っています。吉見の庭では過去に3度植えつけに失敗しているのですが、小さく膨らんだオリーブの実を見たら再度チャレンジしたい気持ちが・・・。

都会のビルの屋上という、植物たちにとってはきっと快適でない環境でこの緑がどんな成長をするのか興味が尽きません。今回は樹高の高い木を中心に弱っている印象を受けました、次回訪れる時には元気に茂っていて欲しいものです。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


d0080906_12343494.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2016-07-28 19:57 | おくやまの日常 | Comments(0)
d0080906_18225521.jpg
こんにちは、小林です。

引渡しから丸2年、
ようやく自宅の玄関ポーチの床を仕上げることになりました。

天然石タイル仕上げです。
d0080906_18254419.jpg

僕はウッドッデッキ風にしたかったのですが、一歩譲り妻の意見を採用することにしました。

設計中から夫婦で大切にしている考え方、
時間が経つほどに味わいのます素材を使う事。
夫婦で納得のいく石を見つける事が出来ました。

明るい色味の石を選んだので、玄関周りが明るい雰囲気に仕上がりそうです。北側玄関の為少し暗い印象があったので仕上がりが楽しみです!!


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


d0080906_12343494.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2016-07-27 18:32 | 現場 | Comments(0)
d0080906_1729932.jpg
こんにちは、小林です。

クロス工事を始める前に、内部塗装工事を行います。
d0080906_17301496.jpg
塗料が飛散しないように養生を行い、
d0080906_17305529.jpg
吹付け塗装。
塗装の順序にこだわりがあるそうで、塗膜の耐久性を向上する為の工夫について教えてもらいました。

良い職人は、監督に指示されなくともお客様の事を考えているのですね。
職人としてのプライドが評価されない住宅業界になっているように感じられます、奥山建設としては職人の思いも大切にしてゆきたい、お施主様の思いを大切にするように。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


d0080906_12343494.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2016-07-26 17:36 | 現場 | Comments(0)

造作建具 の 取って

d0080906_1538496.jpg
こんにちは、小林です。

工事中の現場『春日部の家』で利用する収納扉の取ってです。

ウォールナット材の四角い棒に金物が埋め込んであります。
(これはお客様がご自身が角材に金物を埋め込んだものです)

良く見ると金物が少し曲がっていたりと苦労されたであろう形跡を見ることが出来ます。

d0080906_15452350.jpg
折角ご用意頂いたものですから、喜んで頂けるよう最善を尽くします。
まずは、建具屋サンへ相談に。


d0080906_15463857.jpg
四角で少し大きめの取っ手をどうやったら使い良いだろうかと話し合い。工場の端材でサンプルを造って幾つか検証してみました。

さてどんな仕上がりになるのか、楽しみ楽しみ。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


d0080906_12343494.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2016-07-25 15:58 | 手作りを楽しむ | Comments(0)
d0080906_14563418.jpg
こんにちは、小林です。

2階も基本的にはオープンフロア、ご主人様の為に設けられた書斎スペースは高めの手摺壁で緩やかに間仕切りました。空間に広がりを与える勾配天井はシナ合板の目透し仕上げ。大工さんの丁寧な仕事が光ります。

写真には写っていませんが、子供たちの為の遊び心が仕込まれております。

小屋裏が無いと、2階が凄く暑くなるのでは?と心配された方。
そうならない工夫が凝らされています。ご興味ありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。(小林)

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


d0080906_12343494.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2016-07-24 15:04 | 現場 | Comments(0)
d0080906_13594396.jpg
こんにちは、小林です。

春日部の家仕上げ工事が順調に進んでおります。階段踊り場に設けたコーナー窓からは、自然の明かりや風を取り込みます。シャープな印象のスチール手摺は奥様のこだわりのひとつ。

ストリップ階段がつくる光と影がなんだか綺麗です。
踊場下は、収納スペースになっており子供達の隠れ場になりそうです。

春日部の家は、4間×4間の正方形プラン。
なんと吉見の家とほぼ同じ外形なのです。空間の広がり方などを見比べて見るのも面白そうです。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


d0080906_12343494.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2016-07-23 13:58 | 現場 | Comments(0)
d0080906_14403997.jpg
こんにちは、小林です。

吉見の家の植物達はシトシト降る雨に濡れ綺麗な緑色、
遠方よりいらっしゃる大先輩たちを迎えます。

SAREX(住環境価値向上事業共同組合)のワークショップが自宅で開かれました。奥山建設の事業継承や夫婦での取り組みついてお話させて頂きました。

d0080906_14465794.jpg
先輩方へ向けてのプレゼンテーションはやっぱり大緊張。口から胃が飛び出そうになりましたが、大変大きな学びを得られました。流石に住宅業界の凄い工務店経営者の皆様です、良い機会を与えて頂けた事に感謝です。

d0080906_14515354.jpg
終了後のひとこま。我が家もホッとしているようでした。







■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


d0080906_12343494.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。
お電話にてお問合せ下さい☆ 株式会社奥山建設049-262-2239

→ → 吉見の家ブログもご覧いただけると嬉しいです ← ←
[PR]
by fp-okuyama | 2016-07-22 14:39 | おくやまの日常 | Comments(0)