埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな12歳*息子だいり11歳*たいら0歳☆


by fp-okuyama

一升餅

d0080906_11161352.jpg
むらおかみほです。
息子のだいりが1歳になりました。

一升餅を背負って、
・・・・・・・・・ハイハイです。
先日、パパが床にワックスをかけてくれたので気持ちがいい!
[PR]
# by fp-okuyama | 2006-08-23 22:19 | 我が家の子育て | Comments(0)

FPパネルの実力は?!

「FPの家」の高性能を支えるFP硬質発砲ウレタン断熱パネル。
FPパネルとか、ウレタンパネルとか・・・呼び方はいろいろですね。

このFPパネルの壁内の無結露保証期間が、30年から50年に延長されました。

松本建工(株)では、『時代のニーズによって出来た最長45年という長期住宅ローン商品が存在し、少なくとも返済期間中はサポートする保証でなければならないという対応面に加え、FP工法誕生後20年近く経過した物件の検証を何度重ねましても一向に経年変化が見られない裏打ちされた実証と確かなクウォリティを背景に自信を持って踏み切るものです。』とのこと。

尚、適応対称物件は本年8月1日以降の契約物件からになります。
もう建てちゃってるよー!という皆様。ごめんなさい。
でも、安心してくださいね。
FPパネル自体の性質は変わりませんので。。。


★構造見学会★
開催日 : 8月27日(日)  現 場 :所沢市  <予約制>
完成していない状態で、小さな仮設エアコンを使って、どこまで室内が冷えるか・・・
『 実験 』をします!!

FPパネルの実力は・・・?!
[PR]
# by fp-okuyama | 2006-08-21 11:58 | ecoなはなし | Comments(0)
むらおかです。
花の名前を調べてみました。

植物を見つけた場所の標高順に並べてみました。
()の中は、撮影場所と標高です。

d0080906_1165670.jpg
チシマギキョウ(一ノ越~雄山2800mにて)

d0080906_1171749.jpg
イワツメクサ (一ノ越下 2650メートルにて)

d0080906_1172445.jpg
チングルマの群生。後ろは室堂山。(室堂平2450mにて)

d0080906_1173475.jpg
チングルマ(拡大) これでも立派な樹木です!

立山を代表する高山植物「チングルマ」は草のように見えますが、立派な木です!
クリーム色をした5弁の花を咲かせるチングルマは、高さ10cmから20cmほど。
1年の大部分が雪に埋もれる厳しい気象条件のため、幹がマッチ棒の太さになるまでに10年ほどかかると言われています。
直径約5.5mmの太さの茎でも、その断面を顕微鏡でみると20年以上の年輪が数えられるそうですよ!


d0080906_117451.jpg
ヨツバシオガマ(室堂平2450mにて)

d0080906_1175449.jpg
イワギキョウ(室堂平2450mにて)

d0080906_1181889.jpg
ミヤマアキノキリンソウ(室堂平2450mにて)

d0080906_1182650.jpg
ノアザミ(室堂平2450mにて)

d0080906_1183592.jpg
ウサギギク(室堂平2450mにて)
葉がウサギの耳に似ています!

d0080906_1184350.jpg
ハイマツ(室堂平2450mにて)
赤ちゃんがハイハイするように這っているのでハイマツ?


花ではないですが・・・室堂平の池もとてもきれいです!
冬は完全に凍ってしまうので、魚はいないと聞きました。

d0080906_119075.jpg
ミクリガ池

d0080906_119961.jpg
ミドリガ池

d0080906_1191715.jpg
血の池

d0080906_1192586.jpg
弥陀ヶ原を立山高原バスの窓から見下ろす。

d0080906_1194642.jpg
ミズバショウ(弥陀ヶ原1930mにて)

d0080906_1195510.jpg
ニッコウキスゲ(弥陀ヶ原1930mにて)

d0080906_1110573.jpg
ワタスゲ(弥陀ヶ原1930mにて)

d0080906_11114527.jpg
チングルマの種子(弥陀ヶ原1930mにて)
室堂平では花が咲いていましたが、ここではタンポポのように種子になっていました。


立山高原バスの終着点「美女平」の近辺を歩いてみました。

d0080906_11101464.jpg
立山杉(美女平980mにて)
樹木の右下、家内が小さく見えます。
[PR]
# by fp-okuyama | 2006-08-19 11:21 | 過去の社長発信ブログ | Comments(0)
むらおかです。
昨日のブログは、黒部ダムのことを書きました。
今日は立山室堂のことを書きます。

d0080906_11153624.jpg

雲ひとつない室堂の朝。
ハイキングに行く予定で、おにぎりを買って出発。
室堂平を歩いていると、ほとんどの人が雄山に向かっています。

私たちも行ってみようか!!本当に登れるだろうか。
今ここで登らないと一生登れないかもわからない。

行ってみよう。
ということで、標高3003mの立山の雄山に登り始めました。

d0080906_11154281.jpg

登山道の一部にまだ雪が残っていて、
滑りそうになり、とても危険でした。
左上に見える山の頂上が立山の雄山です。

d0080906_1295135.jpg

最近は運動不足の家内と私にとっては、中腹の一ノ越までが限界のように思われました。
下に見えるのが、一ノ越の山小屋。
上を見上げると急に勾配がきつくなっていて、岩だらけ。
見れば見るほど、こんなところは登れないと思いました。
しかし、小学生の低学年の子どもが、登り始めているではありませんか。
負けてはならない!!
と頂上を目指すことにしました。

d0080906_11155236.jpg

中腹に名前はわからない小さな花が咲いていました。
後から図鑑で調べておきます。

d0080906_11161229.jpg

励ましあいながらやっとのことで頂上にたどり着きました。

d0080906_1273172.jpg

見下ろした中央左が、朝出発した室堂ターミナル。
中央がみくりが池。
岩場の上から見下ろす景色は大パノラマでした。
[PR]
# by fp-okuyama | 2006-08-18 11:48 | 過去の社長発信ブログ | Comments(0)
d0080906_946281.jpg
むらおかです。

8月9日から、家内と二人で、立山黒部にいってきました。

大宮から新幹線で長野まで。

長野から扇沢までバスで。

扇沢(1433m)から黒部ダム(1470m)まで関電トンネルトロリーバスで。

トロリーバスを降りて、地下トンネルの階段を上がると、

黒部ダムが見えてきました。




展望台で、私たちと同じ中年の二人連れの方から、写真を撮って欲しいと頼まれました。
ついでに・・・と、私たちの写真も撮ってください!と頼みました。

d0080906_9481412.jpg

幼い頃から、土木関係の仕事をしてみたいと思っていた自分にとっては、このダムは、今まで見に来ていないのがおかしいほど、とても興味があり、楽しみにしていたので、やっと来たか!という思いでした。

どうして土木を選ばないで、建築の仕事に就いたかというと、
大学受験の時に、ダムの仕事につくと、「一生山にこもって、結婚も出来ないかもわからないよ。」と友人から冗談ぽく言われ、「それは困る。ビルを造る仕事にしよう。」と思い、建築を選んだと記憶しています。
現在ビルではなく、住宅をつくっていることに、人生には色々な転機があるのだと考えさせられました。

ダムの上を15分程度歩き、そこから黒部平(1828m)まで、黒部ケーブルカーに乗りました。


d0080906_10203663.jpg

d0080906_10105476.jpg
ケーブルカーを降り、今度は立山ロープウェーで大観峰(2316m)まで。

途中、黒部湖が見えたり、谷間には雪が残っていたりと、すばらしい眺めでした。


大観峰から、立山をくりぬいた立山トンネルを、またまたトロリーバスで室堂ターミナル(1450m)までたどり着きました。

自宅を朝8時に出発して、ターミナルに直結しているホテル立山に着いたのが午後3時少し過ぎていました。
よく乗り物にものり、よく歩きました。

朝は台風が近づいていて傘をさして、自宅を出たのですが、室堂は晴天でした。


立山の山々には、少し雪が残っていて、
澄み切った空気とすばらしい景色で私たちを迎えてくれました。

d0080906_10301383.jpg

ホテル立山。遠くに見える雲の下が富山。
[PR]
# by fp-okuyama | 2006-08-17 10:31 | 過去の社長発信ブログ | Comments(0)

出産と若冲

かとうです。

身重の妻が臨月を向かえ準備であわただしい毎日でしたが、
準備もひと段落し陣痛を待つばかりともなると、
急に手持ちぶさたになってしまいました。

そんな訳で、初めて書き込みます。

今月、気になってしょうがないことがもう一つありまして。

伊藤若冲という画家をご存知ですか?
かとうの好きな画家ベスト10に入っている画家なのです。
(ほかの9人の紹介はまたそのうち・・・)

「若冲と江戸絵画展」が東京国立博物館で開催中。
しかし・・・開催期間が8月27日まで・・・妻の出産予定日が24日。

うぅーむ・・・一人で見に行く訳にはいかないか・・・。
「鳥獣花木図屏風」を生で見てみたいものだなぁ。

当面は妻の出産に集中。
そして、隙をみて若冲。
そんな感じかなぁ・・・。
[PR]
# by fp-okuyama | 2006-08-14 23:54 | 過去のかとうさんの日常 | Comments(0)

夏休みの過ごし方

むらおかみほです。

今朝は台風の影響が心配でしたが、

お昼過ぎから、気持ちの良い青空が広がりました。

・・・こんなに暑くなるとは思いませんでした。

我が家では、義父のお休みに合わせて、少し早めの夏休みを過ごしました。

d0080906_21164310.jpg


これ、なんだかわかりますか?

ダッチオーブン というそうです。

厚い鉄でできたおなべの、上と下から炭で温め、

ほおっておくと、多種多様な料理が出来てしまうという万能なべ!

パン、スポンジケーキ、ご飯、パイ、シチュー、お肉を焼くことまで・・・。

今夜は、魚介類のパエリアトマト風味です。
[PR]
# by fp-okuyama | 2006-08-09 21:22 | 我が家の子育て | Comments(0)