埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

倉庫の引っ越し。

お元気でお過ごしですか むらおかみほです。

今日は、奥山建設 倉庫 の 引っ越し初日!!
社長小林、副社長加藤、工務課岡田、男性陣3名、がんばってくれていますm(_*)m

d0080906_11555394.jpg
 
↑ 休憩中のところを、オフィス2階から隠し撮り♪

倉庫がオフィスの隣になったことで、嬉しいことがたくさんありそうです。

デメリットとしては、以前より「現場の土っぽさ」を感じる事務所になったこと・・・でしょうか。
その土っぽさも、これからはお客様に感じていただきたい部分と考えています。
「つくること」を大切に*^^*



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_21044170.jpg
 
お問合せ 株式会社奥山建設 小林まで TEL049-262-2239

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-10-03 12:11 | おくやまの日常 | Comments(0)
こんにちは むらおかみほです。

とても素敵なお手紙をいただきました。
ありがたく、つい目頭が熱くなってしまいました。
心より感謝申し上げます。

お客様のお家づくりのお役に立てるよう、ひとつひとつ。
丁寧に。誠実に。確実に。
スタッフ一丸となって、と思います。


さて、今日は【奥山建設のプランのご提案】について、ご紹介を。

スケッチアップというフリーソフトを活用して、
設計趣旨を、お客様にご理解いただきやすいよう努めています^^

d0080906_16071506.jpg
南からの陽射しを取り込めるよう、L型プランです。
冬季の陽射しは、このくらい・・・

d0080906_16071375.jpg
お打合せ時には、流れるように視点を動かします・・・

d0080906_16071358.jpg
玄関からお家の中へ・・・

d0080906_16071402.jpg
後ろを振り返り・・・

d0080906_16071409.jpg
キッチンへ移動。。。

毎回、毎回、このスケッチアップでのご提案を見ると、とてもワクワクします!!

プランをつくり、この映像を作っているは、一級建築士の加藤です。

お客様から直接、暮らしのイメージや、ご自宅へのご要望…等々を伺い、
小林をはじめ社内の知恵を盛り込み、想いを込めて作っています。



スケッチアップの便利な機能は、
方位、日付、時間を設定すると、日照のシミュレーションができること。

d0080906_16071528.jpg

↑11月初旬(正午)になると、南側のお家の影がこのくらい窓にかかりますね…。
というのを、見ていただけます。

お客様にとって参考になるのはもちろん。
設計者にとっても。。。☆
住宅が密集している地域ですと、より貴重なデータになります。

d0080906_16071419.jpg

↑1月1日元旦。
南からの陽射しを取り込む窓を設計するために。


。。。好きな仕事を一生懸命させていただけることに。感謝です☆
さて、私は母の顔に戻りますっ!明日も張り切って参りますっ!


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_21044170.jpg
 
お問合せ 株式会社奥山建設 小林まで TEL049-262-2239

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-10-02 17:14 | 住宅 | Comments(0)
こんばんは むらおかみほです。

10月初めの日曜日、気持ちの良い秋晴れでしたね。
窓辺では、息子たいらがコースターを並べて遊んでいました。

d0080906_19110580.jpg

これからの季節。ぽかぽか陽射しが嬉しいです^^

コースターを仕舞っている かご は、キッチンの・・・

d0080906_19111476.jpg

ダイニングテーブル側の収納扉・・・

d0080906_19111431.jpg

↓ここに収納しています。

d0080906_19094509.jpg

奥行き24センチの可動棚です。

かごは19センチあれば収納できるのですが、
24センチあると、ティーカップを前後ろで2列に並べることができます(^-^v


・・・ただし、場所的に、
乳幼児の「いたずらスポット」になる可能性大ですので(汗

子ども達が成長して、
夫と二人で、ゆっくりカップを選んで、丁寧にお茶をいれて・・・
という暮らしを楽しみにしています。



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_21044170.jpg
 
お問合せ 株式会社奥山建設 小林まで TEL049-262-2239

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-10-01 19:31 | Comments(0)

現場進行中。

こんにちは むらおかみほです。
奥山の現場、着々と進んでおります。

さいたま市のY様邸

d0080906_16254221.jpg

ガルバリウム鋼板サイディングの施工が始まりました!
耐久性の良いヒノキ材の通気胴縁を採用しています。

お家の中では、窓まわりが・・・

d0080906_16254289.jpg

桧の柱と窓枠の難しい納まりも、スッキリと綺麗に施工されています。
棟梁ありがとうございます!


川越市では、基礎工事。

d0080906_16254362.jpg

基礎立上り部分の打ち込み作業を行いました。
基礎の強度が高まるまで数日間養生を取ります。

ひとつひとつ、丁寧に。確かな仕事を。

お家の完成が楽しみです。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_21044170.jpg

 
「吉見の家」ご見学のご予約お待ちしております。
お問合せ 株式会社奥山建設 小林まで TEL049-262-2239

 

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-09-30 16:51 | Comments(0)
こんばんは むらおかみほです。

今日は、振り替え休日の長男とデート。
学校の芸術鑑賞会でミュージカルが気に入ったようだったので、
劇団四季さんのライオンキングを観に行ってきました。

d0080906_17015573.jpg

いつも優しいお兄ちゃんをしてくれている息子に感謝♡…と
久しぶりの二人時間ですが、小説に夢中みたいです。

いろんなものに興味を持って、
自分の目で見て、読んで、感じて欲しいと願っています^^


d0080906_17015544.jpg


ライオンキング。
出演者の皆さんの熱い想いが伝わってくる素敵な舞台でした。

次男を預かってくれた義母に感謝です☆


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_21044170.jpg

 

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-09-29 21:14 | おでかけ | Comments(0)
こんにちは小林です。
吉見の家をご案内致しました。

d0080906_09064556.jpg
★居心地の良い場所を。



ご縁があって、若いご夫婦様と可愛らしい赤ちゃんが見学にいらっしゃいました。
木の家の心地よさや魅力を確認して頂けたと思います。

我が家で一番心地の良い場所で、椅子に座り、お茶を頂きながらゆったりと住まいづくりのお話をさせて頂きました。見た目だけではなく耐震性能や断熱性能、使い勝手や耐久性能などなど。こだわりたい気持ちは良く分ります、これから先何十年も暮らす場所ですから。家づくりの情報を沢山調べていると、いったい何が答えなんだろうと悩んでしまう事もあるかと思います。そんな時、我が家を訪ねてみて下さい。





■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


[PR]
# by fp-okuyama | 2017-09-28 21:21 | 吉見の家 | Comments(0)
お元気でお過ごしですか むらおかみほです。

週末、息子の運動会でした。
昨年につづき「用具係」を担当。
お友達と一緒に、生き生きと仕事をする姿に、ちょっと誇らしくなりました。

d0080906_10194915.jpg

昨年は、初めての係に責任を感じて
緊張と心配と・・・で、随分前からドキドキしていた だいり。
運動会が終わって、「用具」のリボンを宝物のようにプレゼントしてくれました。

このふたつのリボンは、私にとって 思い出のつまった大切なもの。

d0080906_10194903.jpg

こっそり^^
お客様から(リビングから)は見えない、私空間に飾っています☆

奥行の浅い可動棚。
「吉見の家」にお越しの際は、どうぞ・・・ チラッとご覧くださいませ*^^*




■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_21044170.jpg

 
「吉見の家」ご見学のご予約お待ちしております。
お問合せ 株式会社奥山建設 小林まで TEL049-262-2239

 

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-09-26 09:19 | Comments(0)