埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama
こんにちは小林です。
土台敷き2日目。

d0080906_19501900.jpg
★合板を並べたところ。


切り欠かれているところに筋交や柱が建ちます。
この後、釘のピッチを確認し清掃。

大工さんは、次の作業の段取りを始めます。
筋交の方向や間柱位置を合板に書き込んでいきます。

d0080906_19504063.jpg
★ブルーシート養生。

明日は日曜日なので工事はお休み。月曜日につづきます。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-08-26 19:49 | 現場 | Comments(0)

桧の香り | 

こんにちは小林です。
土台敷き始まります。

d0080906_22135638.jpg
★朝の様子。

d0080906_22214016.jpg
★お昼頃の様子。

d0080906_22141863.jpg
★午後3時ごろの様子。



d0080906_22142755.jpg
★夕方5時頃の様子。


大切な木の構造が雨の影響を受けないよう配慮する事が大切です。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-08-25 22:22 | Comments(0)
こんにちは小林です。
紀州から構造材がやってきた。

d0080906_21052051.jpg
★構造材搬入。

弊社では土台材として、桧4寸角(芯持材)を使います。床断熱材の施工精度とコストパフォーマンスを配慮し、大引も桧の4寸角です。

3.5寸角と比べると重たいですが、耐久性や耐震強度はアップします。また、桧材は虫や菌に強いとされているので、人体に有害かもしれない防蟻処理を行いません。芯持材もまた・・・。細かな話はさておき、家を支えている基礎。その基礎と木の骨組みを固定する役割を土台材が担います。頑丈で長寿命の基礎の力を発揮する為には土台もやはり重要です。

d0080906_21052949.jpg
★雨は木構造の敵。

大切な木の構造が雨の影響を受けないよう配慮する事が大切です。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-08-24 21:22 | 現場 | Comments(0)
こんにちは小林です。
ソト仕事。

d0080906_20584513.jpg
★床下に隠れる配管。

お家が完成すると見えなくなる仕事が積み重なり、快適なひとつの家が出来上がります。

見えない部分にこだわるか、こだわらないかは造り手のモラルに委ねられています。だからこそ、きち
んと計画し施工する事に遣り甲斐があるのです。

いよいよ、上棟間近。



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-08-23 20:58 | Comments(0)
こんにちは小林です。
まじめに耐震設計。
d0080906_22102897.jpg
★金物の指示。

ピンク色がピン金物を、水色が山形プレートを、黄色がL型の金物を意味します。N値計算と呼ばれる計算を行い、柱と体力壁の配置から必要とされる金物耐力を決めていきます。手計算を進める中で、オヤッと思ったりハテナと感じたところは適宜補強や対策を練る事が出来るのが計算ソフトよりも有効だと考えています。色分けが2段になっている箇所では、上段が柱の上部の金物を、下段が柱の下部の金物を示します。この10数年悩み抜いた結果が現在の弊社定番となっています。

木材の断面欠損を小さくする事で強度を高めるピン金物。
コストパフォーマンスに優れるその他の金物。

特に強度が必要となる箇所にはピン金物を、その他は別の金物を。住宅の全ての仕口を検討するのは大変骨の折れる作業なのですが。そうする事で、住まいの骨組みが強固になるという訳です。構造に対する僕のこだわりを現場に伝える為の図面がコレです。現場に渡す図面はシンプルな程良いです。きちんと施工する為には、どんなに緻密な検討をしたとしても欲張ってアレコレ書き込みをしてはいけないのです。現場が理解しやすい資料を作ることも監督の仕事なのです。

以前の耐震ネタはコチラ

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-08-22 22:26 | 注文住宅設計 | Comments(0)

着々と | 資材置き場

こんにちは小林です。
雨降りが多くて外仕事が進みません。
d0080906_21560040.jpg
★雨の合間に塗壁施工しました。


資材置き場計画でイメージしたのが、土の中からひょっこり顔を出したような佇まいの建築でした。サイズや配置や素材を工夫して、誰もがいいなぁと、自分もこんなの欲しいなと思われるような、そんな建築です。設計する事の本領とは何か、気が付いてくれたら良いなと想いながら現場作業を進めております。

d0080906_21560744.jpg
★接写。

近くで撮るとこんな様子です。
一枚目の写真と全然雰囲気が違いますね。写真を当てにし過ぎてはいけないよという教訓。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-08-21 21:55 | おくやまの日常 | Comments(0)

秋を感じます

こんにちは小林です。
朝夕の空気に秋を感じる今日この頃。
d0080906_21460560.jpg
★糸のように細いトンボが。

仕事用のバンの周りを綺麗なトンボが飛んでいました。咄嗟に携帯電話のカメラで撮ったのですが、やっぱり綺麗にうつっていません。画面のどこかにいるのですが・・・。


胴が糸のように細く、キラキラと碧く光る姿に目が留まります。突然の豪雨があったり、肌を焼くような暑さや重くのしかかかるような湿気に体力を奪われ気味ですが。秋が少し先までやって来ているようにも感じます。そうそう、同じ今がずっと続く事は無いのだよと自分に言い聞かせてみると。過ぎ去ろうとしている夏がなんとなく切ないようで。





■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
# by fp-okuyama | 2017-08-20 21:45 | 四季を感じる庭 | Comments(0)