埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama

タグ:冬暖かい家 ( 36 ) タグの人気記事

こんにちは小林です。
さいたま市の家無垢のフローリング施工が始まりました。

d0080906_18502775.jpg
★床を貼るその前に。



オークの無垢フローリング施工が始まったので現場の様子を確認してきました。

フローリングを貼りながら、大工さんが床面の気密処理をしていました。
柱や筋違と床合板の隙間を目止めしているところです。

こういった小さな努力の積み重ねが住宅の気密性を高めてくれています。設計士や現場監督の知らないところでも職人さんは黙って工夫をしています。だからこそ、監督も職人が作り易く働きやすい現場造りに努めなくちゃいけないのです。

d0080906_18502296.jpg
★現場で。

ついでに、壁や天井の下地となる石膏ボードの枚数を拾ってきました。

天井の高さ設定が異なると、必要となる壁下地のサイズが変わります。吹き抜けや階段室は天井が無いので長いボードを用意します。
こうやって現場で下地材の枚数を数えてみると、ごみの少ない矩計だなとか多い矩計だなとか見えてきます。

ゴミが出るという事は、それを加工する必要があり、端材をまとめ、整理し、運び出す手間が掛かっているんだよなと。
職人の時間を極力モノづくりに充てる工夫は無いものかと考えます。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


[PR]
by fp-okuyama | 2017-09-19 19:10 | 現場 | Comments(0)

お引渡し式

こんにちは、小林です
お引渡し致しました。
d0080906_22173935.jpg
★奥様の想いが詰まった。

今日はお引渡し式でした。
昨年の3月5日に奥様がモデルハウスを見つけてくれた事がきっかけで始まった住まい作り。ご主人様は奥様の好きなようにと一歩身を引いての設計打合せが印象的でした。

女性的でチャーミングなお家に仕上がりました。この個性的な家でどんな暮らしが始まるのか楽しみです。末永くご家族が健康で幸せで楽しく暮して頂きたいと願っております。奥山建設を家づくりのパートナーとして選んで頂きありがとうございました。




今週末は吉見の家の見学会を開催します!!
d0080906_21504791.jpg


\ 今週末は吉見の家の見学会へ  /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg








↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-04-27 22:27 | 現場 | Comments(0)

開放的なリビング

こんにちは、小林です
明るいリビングになりました。(吹抜けの上も素敵な空間です)
d0080906_16452986.jpg
★大きな吹き抜と広い土間



壁掛けテレビはご主人様手づくりの配線隠しが功を奏しとてもスッキリ見えますね。
土間にある横長のすべり出し窓からは、モジミとヤマボウシの紅葉が臨めます。季節の移ろいを感じながら暮らしを楽しんで頂ければと思います。



\ 三芳の家完成見学会ご予約受付中です。 /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg







↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて


d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-04-15 16:41 | 住宅 | Comments(0)

花粉症といえづくり④

こんにちは、小林です
花粉症と家作りシリーズです。

昨日の続きです
d0080906_19425864.jpg
お客様宅にて撮影。

吹抜けで布団干しを行うメリットについては昨日のブログで触れましたが、私達夫婦のような共働き世帯は日中家を留守にする事が多くお布団を干せるのはお休みの日に限られます。お休みの日がたまたま晴れてくれればいいのですがそうとも限りません。室内に手軽にいつでも干せるのであれば毎日の快適な睡眠が楽しみになりそうです。

さて、設計する際に配慮しておくと良さそうなポイントをまとめてみます。
①2階に寝室があること
②吹抜け窓からの陽射しをコントロールできるようにしておく
③吹抜け手すりは長いほど沢山干せる
④万が一布団が落下しても安全なような1階のレイアウト
⑤吹抜けを含めた空間の換気量を確保する

きちんと換気量を確保し空気の流れを配慮した換気計画は見落としてしまいそうですが、とても大切なポイントです。快適性を高めるのは目につきにくい部分へのこだわりなのですね。





\ 三芳の家完成見学会ご予約受付中です。 /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg

↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて




d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-04-07 21:56 | Comments(0)

花粉症と家づくり③

こんにちは、小林です
花粉症と家作りシリーズ③です。

「 布団は、ここに干しています。すごくいいんですよ。」
笑顔の奥様が教えてくださいました。
d0080906_19425864.jpg
お客様宅にて撮影。

大きな吹抜けを作らせていただいたお住まいで、度々そんなお話を伺います。
もし自宅に吹抜けがあるのなら、僕も同じようにすると思います。

なぜでしょう?

そうです。外には、くしゃみや鼻水を誘うアレが飛んでいるからです。
吹抜け手すりを布団干しスペースとして活用するメリットを考えてみました。

①室内なので干すのが簡単
②雨に濡れる心配が無い
③風で飛ばされる心配が無い
④花粉が付着する危険性が低い
⑤近隣の目が気にならない

室内干しならばお仕事に出かける共働き世帯でも毎日安心して布団を干す事ができます。さっと簡単に干す事ができれば汗っかきのご家族も睡眠が快適なものとなるでしょう。休息は大切です。

吹抜け布団干しの設計的なポイントについては明日整理してみようと思います。




\ 三芳の家完成見学会ご予約受付中です。 /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg





↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて

d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-04-06 20:06 | 注文住宅設計 | Comments(0)

植栽工事 @高坂の家

こんにちは、小林です。
本日も植栽工事です。

d0080906_07163831.jpg
★先日の様子です。《現場状況を確認》

このままでも素敵なお住まいですが、玄関周りを植栽で彩ります。
植木は先日、造園屋さんの置き場で選んであります。メインのヤマボウシ、イロハモミジ、シロモジと大き目の植木は控えめにし、下草類を沢山用意しました。秋の紅葉が美しく美味しい実も楽しめるブルーベリーを沿わせる計画です。完成が楽しみです。楽しみなんです!!

しかし、昨晩あがっているはずの雨がまだ降っています。
朝一番からの作業予定を少し遅らせてトライします。完成後の様子はまた後日ご紹介致します。


少しだけ、高坂の家のご紹介
ブルーメタリック色のガルバリウムサイディングと日射取得を狙った大きな開口部がスタイリッシュ印象のお住まいです。軒を大きく出すことで夏の日差しを遮るだけでなく、外観に落ち着いた安定感を持たせる為階高を低く抑える工夫をしています。間取りにはご夫婦の遊び心やこだわりが練りこまれ、コンパクトながらのびのびと暮らせる素敵なお住まいが完成しました。シンプルなテイストを遵守しつつ無垢材の素材感を活かせるよう大工職も腕を振るっています。感激のお引渡し式でした。




 \ 三芳の家完成見学会ご予約受付中です。 /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg

↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて



d0080906_10122152.jpg
↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-04-01 07:28 | 四季を感じる庭 | Comments(0)

植栽工事中2 

こんにちは、小林です
昨日に引き続き庭造りです。
d0080906_21184578.jpg
★階段周りの演出

造園屋さんが20年位前に仕入れたというゴツゴツとした自然石を土留めとしまわりにクチナシと玉竜を配置しました。花と香りも楽しんでもらえたら良いです。少し引いてみると・・・。

d0080906_21185618.jpg
玄関アプローチには大谷石を左手にはご夫婦のご要望であるオリーブの木を。
正面にヒメシャラとシロモジを。

もう少し引いてみます。

d0080906_21190458.jpg
赤いポストの脇から玄関へと向かいます。
大谷石のアプローチは整えすぎず少しラフな感じに。時間を経て其処に在る印象を。

もう少し引いてみます。

d0080906_21191339.jpg
花の咲くもの、紅葉するもの、実をつけるもの、常緑のものをそれぞれ植え込みました。室内の窓からは様々な景色を楽しむ事が出来ます。

木々が成長し、緑量が増し、空間に奥行感と重みが醸し出され日まで大切に育てて頂けたら嬉しいです。


 \ 冬の体験宿泊 ご予約受付中です。 /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg




↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて

d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-03-28 21:33 | 四季を感じる庭 | Comments(0)

植栽工事中

こんにちは、小林です
先日お引渡しした久喜の家へ。
d0080906_20330995.jpg
★植栽工事

朝から工事を予定していたのですが、雨模様。
雨が上る事を信じて、午後2時に現場に集まりました。スタートが遅くなった分お施主様にも頑張って頂き植え込み作業を進めます。

d0080906_20332291.jpg
デッキスペースから庭を眺めたときに、緑に囲まれている雰囲気を作ります。重機で吊っている株立ちのヤマボウシは約8mありとても迫力がありました。吹抜けの窓から眺められるように建物に寄せて・・。と思っていましたが造園屋さんの采配は流石です。内からもソトからもバランス良く見える場所へ納めてくれました。

紙の上でイメージする事も大事ですが、立体的なボリューム感は熟練の職人で無いと正確にイメージする事は難しいと思います。現場で、植木を据えてみて他の木々とのバランスを感じ取り全体で美しくまとまった形を作りだす。一本の木を据えるにも何十年という職人の経験が活かされているのだと思うとオイソレと指図を出す事は出来ません(笑)僕達の役割は、どの窓からどの程度距離感にどんな緑を添えたいかとお施主様の庭に対するイメージを職人へ伝える事です。またお施主様にとって庭造りという慣れない作業を身近なものに感じ楽しんでもらえるよう橋渡しをする事でもあります。

奥様から『家づくりより庭造りのほうがワクワクします』と嬉しいような悲しいようなコメントを頂きました。家と庭合わせて家庭と読みます。僕達は家づくり屋さんから家庭作りのお手伝いをする企業へ変化したのかもしれません。そういう意味では家庭作りを楽しんで頂けて何よりです。この日へ向けた下準備が報われてホッとしました。

綺麗な庭の様子は後日ご紹介させて頂きます。



 \ 冬の体験宿泊 ご予約受付中です。 /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg



↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて

d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-03-27 20:55 | 四季を感じる庭 | Comments(0)

花粉症と家づくり②

こんにちは、小林です
花粉症の方は洗濯物を何処に干しますか。花粉症と家づくりシリーズ②です。
d0080906_22001535.jpg
★ピンチハンガーとホスクリーン

我が家では洗濯物は室内干しとしています。
もともと共働きだった為、洗濯は夜行い寝る前に干すスタイルです。温かいお家は相対湿度が低めになるので湿度の高い梅雨時期を除けばほとんどのモノが一晩で乾いてくれます。先日花粉の恐ろしさを知った私ですが、室内干しにする事で花粉が家に入ってくるリスクが減るというメリットにも気がつきました。お外は花粉が蔓延しているのです、恐ろしくて洗濯物をソトに干すなんて・・・。

室内干しを上手く成立させるポイントとして以下をご紹介します。
①冬場の加湿を補う為寝室に物干しスペースを設定する
②換気計画を立て物干しスペースの湿度が過剰にならないよう配慮する
③脱ぐ→洗う→干す→たたむ・仕舞う→着るの動線をよく考える
④不要な時は取り外しが容易な形式とする
⑤洗濯後洗濯機内に長時間放置しないルールを家族で徹底する

あくまで個人の意見として御参考いただけましたら幸いです。写真は我が家の寝室の様子です、ピンチハンガーはホスクリーンを天井に設置し引っ掛けています。物干し竿をつける事も考えたのですが来客時に仕舞うのがメンドクサそうなので止めました。奥の3つは場所の都合で50cm未満の間隔で、一番手前は70cm程度の間隔です。ピンチハンガーの大きさにもよりますが、70cm位間隔をあけられるとピンチハンガーが回転しても隣のものとぶつからないので使い易いです。ホスクリーンの吊り金物にも長さが数種類あるのでハンガーの高さが隣同士で異なるようにするのも一手です。




 \ 冬の体験宿泊 ご予約受付中です。 /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg




↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて

d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-03-22 22:24 | 注文住宅設計 | Comments(0)
こんにちは、小林です
我が家のティガーは今日も元気です。
d0080906_19375241.jpg
★もうすぐ11ヶ月

住宅設計をご依頼いただくご家族様にも小さなお子様がいらっしゃるケースが多々あります。注文住宅の設計打合せでは、間取りから暮し方、仕上げ材の選定など沢山のことをご一緒に悩み決定していきます。ご家族皆様の希望が完全に一致することは珍しく、こんな風にしたらどうだとか、こっちのほうが使い易いんじゃなかしらとか、長い時間をかけてまとめられてゆくものです。打合せの間、お子様が飽きてしまわないよう、またご両親様が打合せに少しでも集中しやすいように、キッズスペースを設け、お子さんと遊ぶのが上手なスタッフを同席させるよう配慮してきました。

d0080906_19375943.jpg
キッズスペース、もともとは設計打合せに使っていた部屋なので内装が地味で照明は暗めです。少し手を入れて、もっとワクワクするような空間にしたいねと夫婦で相談中です。経年による汚れ等もリフレッシュしなければならない時期なので。倉庫にストックしている残材をうまく利用してなるべくお金をかけずに(笑)と考えています。

居心地の良い場所になったら、大人のリフレッシュルームとしても使えると良いかも。。。

 \ 冬の体験宿泊 ご予約受付中です。 /
■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
    
d0080906_1772611.jpg


↑モデルハウス「成長する家」にて詳しくは奥山建設ホームページ→イベント情報にて

d0080906_10122152.jpg

↑ 「吉見の家」ご見学いただけます。お電話にてお問合せ下さい☆ 
株式会社奥山建設049-262-2239


[PR]
by fp-okuyama | 2017-03-18 19:59 | 注文住宅設計 | Comments(0)