埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:木の家 ( 164 ) タグの人気記事

こんにちは小林です。
川口市にて、12月初旬から木工事が始まります。

d0080906_20094032.jpg
★施工図をじっくり。


着工に向けて、設計担当の加藤から図面一式を引き継ぎました。
僕は、見学会や設計打合せでお施主様とお会いしているので、ご家族の雰囲気や好みなどは感じ取っています。
ですから、それを踏まえて、建物の仕様を確認していきます。
お客様の夢が詰まった設計図書には特殊な内容もあり…
まずは、とことん向き合います。


建物の部品にはそれぞれ納期があります。
注文すると数日中に配達されるものもあれば、長く掛かるものもあります。
納期の掛かる代表格が構造材で、設計図書から加工図を作成し、工場で加工された構造材が現場へ届けらるまで、1ヶ月半程度を見込んでおきます。
( 弊社では木を愛してやまない山町商店さんへ、構造材とプレカットをお願いしています。)

加工図をまとめるまで、やるべきことはたくさんあります。
構造的な弱点となりそうな部分を探し、改善策を考え、加工工場と話し合い決定する。
仕上げや納まりを配慮しながら、作業効率とコストのバランスを整える。

自分が暮すなら、居心地が良いだけでなく安心な住まいがいい。
だから、こだわりをもって加工図をまとめるようにしています。


d0080906_20094908.jpg

例えば、柱の配置。
上下階でのずれをチェックします。
写真は2階部分の図面で、水色は2階にある柱、丸印は真下に柱がないことを示します。

ポイントは、上下階の柱位置を一致させる事です。
構造的に重要な役割のある柱を上から下まで連続させるようにしています。

丸印の柱の下(1階部分)をみます。
d0080906_20095728.jpg

オープンな空間。
水色の柱に大きな重みがかかると、それを支える梁が大きくなります。また、水色の柱の下の梁はスパンが長いことが判ります。木の梁はスパンが長いほど、たわみが大きくなります。

梁が大きくなると、天井裏の配線や配管がし難くなるなとか、天井裏に納まらないサイズになると追加費用がかかるなとか、現場の状態をイメージします。

無駄を発生させないために。
この柱に大きな重さが掛からない小屋組みとし、構造的な役割の小さい柱とすることにしました。

d0080906_20100460.jpg

こちらも懸案事項。
2階の筋交(耐力壁)の両脇にある柱の一方が、下の階の柱と少しずれています。

1階の柱と一致させる事で、台風や地震でゆすられた際の力の流れはスムーズになりますが、2階の耐力壁の量は少し減ります。
さてさて、どうしたものか。

建築基準法で定めらている訳でもなく、
長期優良住宅の規定となっている訳でもない、上下階での柱の一致。

なぜ、こだわるのか。

そうする事で、この家の安全性が少し高くなるからです。

ライフスタイルが多様化し、住宅の間取りも変化しています。
だからこそ、基本に忠実なチェックが必要だと思います。

家は完成した瞬間が全てではありません。

長い時間、家族にとって安心できる場所であるべきです。

以前の構造関係のブログはコチラ



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

お問合せ 株式会社奥山建設 小林まで TEL049-262-2239
 


[PR]
by fp-okuyama | 2017-10-17 20:09 | 注文住宅設計 | Comments(0)
こんにちは小林です。
今日は地鎮祭でした。

d0080906_18221618.jpg
★雨降って。



午後からの地鎮祭に備え朝からいろいろ準備しました。
仮設の階段を作って、シートを敷いて、テントを張って。

d0080906_18410294.jpg
★雨降って。

幸いにもそれほど強く雨は振らず、滞りなく式を進めることができました。新しい家づくりの始まり、ワクワクします!!

その足で、春日部の家へお届け物に。
d0080906_18223096.jpg
★新米で作ったおもち


新米でついたお餅を頂きました。こんなに早い時期につきたてのお餅をいただけるなんて幸せです。美味しく頂ました。

ご縁に感謝。



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

お問合せ 株式会社奥山建設 小林まで TEL049-262-2239
 


[PR]
by fp-okuyama | 2017-10-15 18:44 | 現場 | Comments(0)
こんにちは小林です。
建方に備えて準備を進めます。

d0080906_20443568.jpg
★段取り中。



お家が出来上がるまでには、沢山の材料が必要です。木材、断熱材、釘やビス、金物、窓や・・・。

ひとつひとつの部材を必要な数だけ現場に届くよう手配するのもカントクの仕事です。
写真は、断熱材の加工図面。

床に使う断熱材は〇〇枚、
壁に使う断熱材は〇〇枚。
と数えて行きます。

図面の右側にあるメモは加工サイズです。1階部分の壁で25種類、現場で施工するのに迷わないよう工夫が必要です。
断熱加工図が出来上がると、断熱材の外周長さを集計し気密テープの必要数量を決めます。

段取りの仕事は、すごく地味だと思います。
造り方を考え、図面を書き、数を数え、間違いが無いかチェックする事を繰り返します。

小さな仕事が積み上がり、大きな家が出来上がっていく事を想うと感慨深いものがあります。
現場で工事がひとつ度に、ほっとしながら現場を見守るのがカントクなのです。

本日は、新しい家づくりのご相談を頂き、次回はプランニング案の提出です。
一坪サイズの庭を効果的に取り込んだ、ご夫婦のための家づくり。どんなプランが生まれるか楽しみです!!

明日は、川口市にて地鎮祭を予定しています。
ご縁に感謝。



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

お問合せ 株式会社奥山建設 小林まで TEL049-262-2239
 


[PR]
by fp-okuyama | 2017-10-14 21:05 | 現場 | Comments(0)
こんにちは小林です。
昨日大物の植栽を終えた事務所前の景色。

d0080906_20482632.jpg
★資材の到着。



右手前の葉っぱはトネリコ、中央付近小さな軒に添えたのがクロモジ、左端に写っているのがアオダモ。

樹木が加わり居心地の良い空間へ一歩前進です。
植木に続き芝貼りを予定しております。

駐車スペースとしても使い易くなるように緑化ブロックを手配しました。


d0080906_20590002.jpg
★不思議な形状をしたブロック。

一度使ってみたかった商品の到着に興奮を隠せません!!
初めての試みというのはいつでもワクワクするものです。

d0080906_20590841.jpg
★関心、関心。

これは、ドライバーさんの秘密兵器。
このフックにワイヤーを掛けてパレットを吊り上げます。真ん中で二つに別れるので狭いスペースでも抜き差しがスムーズに行える上に台付けが非常にスピーディ。こういった、専門業者の工夫にはいつも感心してしまいます。


そして、
新しい工事が始まります。
d0080906_20591474.jpg
★プレカット打合せ。
いよいよ、川口市にて新築工事が始まります。
本日はプレカットの打合せを行いました。

今回も、紀州和歌山の山町商店さんの構造材を採用しました。
プレカット図面をまとめる作業の開始です。まずは、みんなで意見交換と設計内容の確認から。

ここからは、僕とプレカット工場のキャドオペレーターさんとの長い戦いがまっています。プレカット計画の出来が現場での作業効率を決め、大工のモチベーションを左右し、構造強度を高めるといっても良いのです。だからこそ真剣勝負。

お客様の為に、一生懸命取り組みます。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

お問合せ 株式会社奥山建設 小林まで TEL049-262-2239
 


[PR]
by fp-okuyama | 2017-10-12 21:14 | おくやまの日常 | Comments(0)
こんにちは小林です。
吉見の家をご案内致しました。

d0080906_09064556.jpg
★居心地の良い場所を。



ご縁があって、若いご夫婦様と可愛らしい赤ちゃんが見学にいらっしゃいました。
木の家の心地よさや魅力を確認して頂けたと思います。

我が家で一番心地の良い場所で、椅子に座り、お茶を頂きながらゆったりと住まいづくりのお話をさせて頂きました。見た目だけではなく耐震性能や断熱性能、使い勝手や耐久性能などなど。こだわりたい気持ちは良く分ります、これから先何十年も暮らす場所ですから。家づくりの情報を沢山調べていると、いったい何が答えなんだろうと悩んでしまう事もあるかと思います。そんな時、我が家を訪ねてみて下さい。





■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


[PR]
by fp-okuyama | 2017-09-28 21:21 | 吉見の家 | Comments(0)
こんにちは小林です。
さいたま市の家無垢のフローリング施工が始まりました。

d0080906_18502775.jpg
★床を貼るその前に。



オークの無垢フローリング施工が始まったので現場の様子を確認してきました。

フローリングを貼りながら、大工さんが床面の気密処理をしていました。
柱や筋違と床合板の隙間を目止めしているところです。

こういった小さな努力の積み重ねが住宅の気密性を高めてくれています。設計士や現場監督の知らないところでも職人さんは黙って工夫をしています。だからこそ、監督も職人が作り易く働きやすい現場造りに努めなくちゃいけないのです。

d0080906_18502296.jpg
★現場で。

ついでに、壁や天井の下地となる石膏ボードの枚数を拾ってきました。

天井の高さ設定が異なると、必要となる壁下地のサイズが変わります。吹き抜けや階段室は天井が無いので長いボードを用意します。
こうやって現場で下地材の枚数を数えてみると、ごみの少ない矩計だなとか多い矩計だなとか見えてきます。

ゴミが出るという事は、それを加工する必要があり、端材をまとめ、整理し、運び出す手間が掛かっているんだよなと。
職人の時間を極力モノづくりに充てる工夫は無いものかと考えます。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


[PR]
by fp-okuyama | 2017-09-19 19:10 | 現場 | Comments(0)

もぎたてのプルーン

こんにちは小林です。
差し入れを頂きました。

d0080906_18362919.jpg
★もぎたての・・・。



お客様のご実家で収穫されたプルーン。

わざわざ会社まで届けて下さいました。
長野県からの帰り道、遠回りをしてわざわざ。きっとお疲れだったろうと思います。
気にかけて頂いて、嬉しい気持ちです。
人と人とのつながりを大切にしてゆこうと思うのでした。

暮らしの豊かさに、美味しい食べ物は不可欠です!!



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


[PR]
by fp-okuyama | 2017-09-18 21:36 | おくやまの日常 | Comments(0)

台風対策 | 工事現場

こんにちは小林です。
台風が来る前に。

d0080906_18283420.jpg
★メッシュシートをたたみます。



仮設足場に掛かっているブルーのシートをメッシュシートと呼びます。
これは、職人さんが足場から転落しにくいように。
また、資材の飛散防止の為に設置します。

風が抜けるようメッシュ地になっているのですが
台風が来ると風を受け止め足場が転倒する可能性があります。転倒しないまでも大きく揺らされ、ことによると建物に傷を付けてしまう事も。

台風の接近が判ると、
被害のリスクを下げる為、メッシュシートをたたむのです。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■


[PR]
by fp-okuyama | 2017-09-17 18:28 | 現場 | Comments(0)
こんにちは小林です。
耐震性能へのこだわり。

d0080906_10282407.png
★基礎図の最終確認。



13日から根切り(土を掘る作業の事)が始まった川越市の現場。
配筋検査前に図面の最終確認を行っております。

今回は、畳スペースがあり部分的に土台や大引きを数ミリ下げる納まりになります。そんなとき、基礎と土台が干渉しないかどうかとか。アンカーボルトの高さ設定を下げるべきかどうかとか。標準納まりとならない部分を重点的に確認します。※現場でのエラーを少なくする為に

設計者としては、図面に書いた事は全て現場に正しく伝わると思い込んでしまう事がありますが。
沢山の情報が詰め込まれた(書き込まれた)図面程、見落としが生じやすくもなります。情報量が少ない図面ほどシンプルで読みやすいのですが、細かな部分でのこだわりを表現し難くなります。書き過ぎも書かな過ぎも良くありません、図面の表現もさじ加減に悩むモノです。

現場ごとの要注意ポイントを見つけ、きちんと職人へ伝える事もカントクの仕事。品質にこだわるという事は、職方に面倒で手間のかかる仕事をしてもらうという事です。少しでもスムーズに作業が進むよう配慮を欠かさないよう努めるのが僕の役割なのです。



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

【構造見学会】9月17日(日)開催!
安心の構造躯体と断熱施工をご覧いただける見学会です。
→ 詳しくは奥山建設ホームページをご覧ください。(雨天の為中止と致します)
 
d0080906_10461463.jpg

[PR]
by fp-okuyama | 2017-09-16 10:49 | 長期優良住宅 | Comments(0)
こんにちは小林です。
会社の前に、小さな庭を作ります。

d0080906_20280243.jpg
★黄色のトラックはカッター屋さん。



いよいよ工事が始まりました。

まず駐車スペースのコンクリートを部分的に解体します。
黄色いトラックはカッター屋さんの車。
コンクリートやアスファルトを切断し、解体しやすいようにしてくれます。

来週から土間の解体を開始します。
ご近所の皆さまには、騒音や振動等でご迷惑をおかけいたします。
何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

通学中、通勤中の方々でしょうか。
朝・夕、弊社の前を歩く方々が大勢いらっしゃいます。
心に 一瞬のゆとり を生み出せるような 空間をつくりたいと考えています。
植物の知らせてくれる 四季の移ろい や 美しさ を愉しんでいただけるよう。
張り切って参ります!


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
【構造見学会】9月17日(日)開催!
安心の構造躯体と断熱施工をご覧いただける見学会です。
→ 詳しくは奥山建設ホームページをご覧ください。
 
d0080906_10461463.jpg
 

[PR]
by fp-okuyama | 2017-09-15 20:40 | おくやまの日常 | Comments(0)