埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:木の家 ( 164 ) タグの人気記事

こんにちは小林です。
ハンモックワークショップレポ②です。

d0080906_21283432.jpg
★作製中の様子です。


パウチっこされた説明書を見ながら、編み込みを進めます。


d0080906_21282676.jpg

★右は前から、左は後ろから・・・

単純な動作を繰り返し繰り返し行っているうちに、糸が見えなくなる事があります。
そんなときは焦らずに先生を呼びましょう。ほつれた糸を整えてくれます。



d0080906_21284260.jpg
★色選び

手染めの糸は優しい色味をしてました。
同じ色でも、微妙に異なりグラデーションとなります。この中から5色を選びます。先生曰く、今日の色を感じ取るのが大事。




d0080906_21281507.jpg
★丸めるとこんなにコンパクトに。

僕の作品は写真右下。
なんとも地味な佇まいです。

真っ白は難しいとハンモック先生に教えてもらいました。だからこそ、次回は真っ白にチャレンジしてみたいと思います。

ハンモックワークショップは今回で2回目です。
不定期開催ですが、またいつか企画します。



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■
【構造見学会】9月17日(日)開催!
安心の構造躯体と断熱施工をご覧いただける見学会です。
→ 詳しくは奥山建設ホームページをご覧ください。
 
d0080906_10461463.jpg
 

[PR]
by fp-okuyama | 2017-09-11 21:40 | 手作りを楽しむ | Comments(0)
こんにちは小林です。
今日は自宅に引きこもり。

d0080906_18153291.jpg
★気持ちの良い風が吹いています。


窓を開けると、近くで稲刈り作業をしている音が聞こえてきました。
収穫の秋。美味しい新米が楽しみで、楽しみで。

なかなか手がつけられずにいた、新築物件の基礎図作図と壁量計算の最終確認作業を行います。

d0080906_18154188.jpg
★計算中。

耐震等級3の検討が終わったので、耐力壁の配置を基礎図に反映し本日の作業は完了です。

続いて、引き抜き金物を選定し。
プレカット図面の調整し、設備配管や換気ダクトの配管位置を検討し、断熱材の割付け行い、窓の納まりなどを想定しながらプレカット図面と基礎図面を仕上ていきます。基礎工事は木曜日から着手予定。今週も忙しくなりそうです。

そうそう、会社事務所前で工事をしていた新資材置き場はおよそ完成しました。

d0080906_18154724.jpg
緑の似合う外観。
こちらは、只今植栽計画を練っております。完成が楽しみです。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-09-03 18:28 | 現場 | Comments(0)
こんにちは小林です。
現場の屋根の上から見える景色。

d0080906_18380660.jpg
★川と木々と水色のソラ。


久しぶりの青空は、うっすら水色掛かっていて。
どこからか、田んぼを焼く香りがやってきます。
夏の終わりの侘しさと、秋の訪れの嬉しさがフワッと沸いてきました。

日常の中にある、小さな幸せを拾い損ねないようにしなきゃと心を改めたのでした。

天候に振り回されていた現場も、順調を取り戻しつつあります。
人の手で作り上げる木の家づくり、良い方向へ進んでおります。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-09-02 22:18 | 現場 | Comments(0)

上棟しました。 | 

こんにちは小林です。
さいたま市の家無事上棟。

d0080906_20212436.jpg
★屋根をブルーシートで養生。


なんとも不安定な天候が続いていますが、雨に降られず上棟することができました。

d0080906_20213137.jpg
★梁組み。

d0080906_20215276.jpg
★小屋組み。
d0080906_20214426.jpg
★金物部の気密処理。


職方の皆様、お疲れ様でした。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-08-29 20:20 | 現場 | Comments(0)
こんにちは小林です。
仮設足場。

d0080906_20093903.jpg
★上棟作業に備えます。


暑い中、足場屋さんが頑張ります。
上棟に備え、構造材もやってきました。

d0080906_20102006.jpg
★ブルーシート養生。


搬入された構造材も万が一の雨に備えます。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-08-28 20:09 | 現場 | Comments(0)

お庭でバーベキュー

こんにちは小林です。
庭でバーベキュー。

d0080906_20020260.jpg
★焼肉は豚派です。


炭の香りや、肉の焼ける音。
美味しい時間を楽しみました。

夜の吉見町は、すっかり秋の気配が色濃くなってきました。



■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-08-27 20:01 | 吉見の家 | Comments(0)
こんにちは小林です。
土台敷き2日目。

d0080906_19501900.jpg
★合板を並べたところ。


切り欠かれているところに筋交や柱が建ちます。
この後、釘のピッチを確認し清掃。

大工さんは、次の作業の段取りを始めます。
筋交の方向や間柱位置を合板に書き込んでいきます。

d0080906_19504063.jpg
★ブルーシート養生。

明日は日曜日なので工事はお休み。月曜日につづきます。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-08-26 19:49 | 現場 | Comments(0)

桧の香り | 

こんにちは小林です。
土台敷き始まります。

d0080906_22135638.jpg
★朝の様子。

d0080906_22214016.jpg
★お昼頃の様子。

d0080906_22141863.jpg
★午後3時ごろの様子。



d0080906_22142755.jpg
★夕方5時頃の様子。


大切な木の構造が雨の影響を受けないよう配慮する事が大切です。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-08-25 22:22 | Comments(0)
こんにちは小林です。
紀州から構造材がやってきた。

d0080906_21052051.jpg
★構造材搬入。

弊社では土台材として、桧4寸角(芯持材)を使います。床断熱材の施工精度とコストパフォーマンスを配慮し、大引も桧の4寸角です。

3.5寸角と比べると重たいですが、耐久性や耐震強度はアップします。また、桧材は虫や菌に強いとされているので、人体に有害かもしれない防蟻処理を行いません。芯持材もまた・・・。細かな話はさておき、家を支えている基礎。その基礎と木の骨組みを固定する役割を土台材が担います。頑丈で長寿命の基礎の力を発揮する為には土台もやはり重要です。

d0080906_21052949.jpg
★雨は木構造の敵。

大切な木の構造が雨の影響を受けないよう配慮する事が大切です。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-08-24 21:22 | 現場 | Comments(0)
こんにちは小林です。
まじめに耐震設計。
d0080906_22102897.jpg
★金物の指示。

ピンク色がピン金物を、水色が山形プレートを、黄色がL型の金物を意味します。N値計算と呼ばれる計算を行い、柱と体力壁の配置から必要とされる金物耐力を決めていきます。手計算を進める中で、オヤッと思ったりハテナと感じたところは適宜補強や対策を練る事が出来るのが計算ソフトよりも有効だと考えています。色分けが2段になっている箇所では、上段が柱の上部の金物を、下段が柱の下部の金物を示します。この10数年悩み抜いた結果が現在の弊社定番となっています。

木材の断面欠損を小さくする事で強度を高めるピン金物。
コストパフォーマンスに優れるその他の金物。

特に強度が必要となる箇所にはピン金物を、その他は別の金物を。住宅の全ての仕口を検討するのは大変骨の折れる作業なのですが。そうする事で、住まいの骨組みが強固になるという訳です。構造に対する僕のこだわりを現場に伝える為の図面がコレです。現場に渡す図面はシンプルな程良いです。きちんと施工する為には、どんなに緻密な検討をしたとしても欲張ってアレコレ書き込みをしてはいけないのです。現場が理解しやすい資料を作ることも監督の仕事なのです。

以前の耐震ネタはコチラ

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-08-22 22:26 | 注文住宅設計 | Comments(0)