埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama
カレンダー

タグ:注文住宅 ( 3 ) タグの人気記事

こんにちは、小林です
窓を開けられる暮らしがしたいという希望を良く聞きますが、実際どうなんでしょう。
d0080906_17182317.png
★上段:外部の気温 下段:内部の気温。
(2016年6月12日の記録より)


素材や空間構成で得られる快適な暮らしを考える事もとっても大切だと思います。
一方でデータや理論から得られる快適感もあるのです。大概の方は前者には関心が高いものです、しかし後者はなんとなく堅苦しそうな印象があり関心が薄れる分野だと感じています。でも “快適な住い” を考える上でどちらも同じぐらい大切だと僕は考えています。少しでも判りやすく伝える方法を探す為、温度や湿度を計測し記録しグラフ化してくれる機械を買いました。

写真は6月12日のデータです。※グラフ左側に温度を示すメモリがありますが内外で最大値と最小値が異なります。

さらりと見る程度では大切な事が見えてきません。じっくりと眺め何か発見が無いか考えてみましょう。

まずは上段の外気温、午前5時頃もっとも低く16.2℃、一番暑かったのは午後4時頃で28.2℃でした。
一日の間で12℃の温度差がありました。

続いて、下段室内気温を見てみます。
午前7時半頃もっとも低く22.6℃、午後8時頃もっとも暑く24.9℃でした。
室内での温度差は2.3℃でした。

つまり、外気温は日中12度上昇したけれど室内は2度しか上昇しなかったという事がわかります。ちなみに当日エアコンは一切使っていません。建物の断熱性能を高め、太陽熱が侵入しないよう日射遮へい対策の工夫しています。

朝方と夕方に室温が下がったのは窓を開けた効果です。それぞれ2度~3度室温が下がりました。体感的にはもっと下がっているイメージでしたが3度程度です。午後10時半頃肌寒さを感じ窓を閉めました(その時の室温は22.7℃ナルホド、ナルホド)※データを見ると、窓を閉めると徐々に室温が上昇している事が判ります、なぜでしょうか。お日様が沈んでいても室温が上昇する原因が暮らしの中に有るという事がわかりますね。

なかなか優秀な結果ではないでしょうか。凄いぞ我が家!!と褒めてあげたいです。

快適な住まいを設計する際のヒントが見えてきませんか。
気密住宅だって窓を開け風を取り込む事で快適感を得たって良いのです。ただし、窓を開ける事が不快感を産む可能性をきちんと理解しておく必要があります。(音や埃や虫など)立地によっては、窓を閉めエアコン等を適宜利用する方が良いケースだってあります。窓を開けやすい敷地だとすれば、自然風による換気がスムーズに行われる間取りや窓の配置にこだわってみるのも良いと思いませんか。ちょっとした工夫で、3度も涼しく暮らせるのです。チャレンジしてみる価値は充分にあるのではないでしょうか。

梅雨以降は湿度が高まります。
それでも、窓開けは快適感に貢献できるのかを分析してみようと思います。(つづきます)




■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-06-14 12:55 | 注文住宅設計 | Comments(0)

地盤調査を行いました。

こんにちは、小林です
地盤調査を行いました。
d0080906_18372961.jpg

★SWS試験中。


まずは地盤調査です。

地盤調査会社の作業員が調査を行います。土の中の様子は目で見る事が出来ません、工学的な判断が必要となり専門的な知識や経験が大切だと考えます。では監督の役割はなんでしょう。

①建物配置の確認(基本的には建物4隅と中央の計5ポイントにて計測しますので建物配置をきちんと伝える必要があります)、②建物の高さ設定を確認(設計している地面の仕上がり高さから基礎の底がどの高さにあるかを伝えます。要するに基礎が乗っかる地面の強さを知る事が大切なのです)、③計測データの見守り(機械に表示されているデータを見る事で土の硬さを想定する情報を集めます)④追加調査の必要性を判断(測定結果にばらつきがある場合は追加調査を行い、改良計画を立てる際に注意すべき範囲を明確にする事が大切です)、⑤現場の清掃状況や近隣への配慮について確認

また調査員にヒアリングするようにしています、腐植土でないか(ロッドの匂いや沈下の状況によって判断)、地下水位の目星はついたか、砂質土らしき反応はどの程度あったか(液状化に影響)、支持層の深さにばらつきが無いか(支持層は浅い場合もあれば深い場合もある、バラつきがある場合は追加調査が必要)、調査深度(10mまで調査可能、途中で調査を終える場合は根拠を確認しておく)、最後に機械で調査した各ポイントの結果をその場で確認させてもらいます。

地盤改良が必要となると嫌だなと捉えるか、安全性を高める情報が得られて良かったと捉えるかで、住まいづくりに対する考え方は異なります。自分がお施主様だったら、きちんと情報を集め安全性の高い計画を立てて欲しいです。





■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-06-13 19:08 | 現場 | Comments(0)
こんにちは、小林です
地縄を張って来ました。
d0080906_18175510.jpg
★良い天気でした。


昨年の冬、体験宿泊にいらしたのがきっかけでした。
今のお住まいから遠いのですが、設計打合せに何度もご来社頂きました。

お施主様の住まいづくりに掛ける思いに応えられるよう、精いっぱい現場監理を務めさせて頂きます。

住まいづくりの始まり、ワクワクします。
本格的な工事着工に向けて、地盤補強計画、プレカット図面調整、構造・断熱の施工計画、換気計画、仮設計画、資材の発注チェック、業者さんの段取り等を進めす。きちんと設計された計画と図面が有るからこそ裏方に徹する事が出来るのです。家づくりはチームプレイですね。




■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい 奥山建設 ■■■

d0080906_22060910.jpg
ご予約お電話、心よりお待ちしております!
奥山建設TEL 049-262-2239

[PR]
by fp-okuyama | 2017-06-12 16:17 | 現場 | Comments(0)