人気ブログランキング |

快適に暮らせる「木の家」をお施主様と二人三脚でつくり上げる工務店 株式会社奥山建設 代表小林大介と妻むらおかみほ夫婦です。 埼玉県在住。


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

加湿器選び

加湿器選びに関する過去の記事はこちら

d0080906_18412549.jpg

こんにちは、小林です。
三菱、ラクリアミスト、SV-DK807-W(気化式)の給水作業中の写真です。
給水を頻繁にしたくないと考えるとタンクの大きなものを選ぶのですが、
大きすぎると給水が大変なことも。
タンクサイズは約21センチです。

d0080906_18412612.jpg
展示場キッチンの水栓高さは約22センチ(ぎりぎりですね)


d0080906_18412640.jpg
洗面台の水栓高さは・・・。はいるかな??

加湿器には気化式をお勧めしています。加熱式は熱で雑菌をコントロール出来るようなタイプもあるようですが、消費電力が大きく電気代が結構掛かります。以前我家でつかっていた加熱式(ハイブリッドタイプ)に消費電力測定装置(エコワット)を付けてみたところ1ヶ月で2,000~3,000円位の結果でした・・・。

高気密・高断熱のおうちは、冬場室内が乾燥しやすい環境となります。(エアコン温度を高く設定する程、乾燥感が強くなるように感じています。)入居され1年目の冬は特に以前の住まいとのギャップを感じられ、加湿対策についてご相談をうける事が多いです。2年目以降は身体が慣れてくるのか、加湿しなくても平気ですなんて声を良く聞きます。洗濯物を室内に干して乾燥対策とされている方も多いです。

我家では今年、加湿器を使っていません。下記対策で快適に過ごせています。
①寝室のエアコン就寝時はOFF(他の部屋は21℃設定)
②寝室に洗濯物を干す(夜間)

タンク容量の大きな加湿器は値段が高いものが多いです。写真の加湿器も3万前後しますし。
数年後使用率が下がることを考えると手ごろな値段の加湿器が望ましいところです。
そこで、こんな加湿器はどうでしょう。ファンの部分を分解出来ない(?)為プロペラ部の清掃に難がありますが、お手ごろ値段です。

家族が風邪をひいたときなどはしっかり加湿をしたいなと考えると不要になる事は無いのですが、高価な加湿器は日々のお手入れが大変だったり。一長一短ありますね。

購入の際に参考になさって下さい。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい ■■■

blogランキングへ 
人気blogランキングをクリック☆

Commented by kurazea_zukuri at 2012-01-30 10:59
しばらく美穂さんのブログが途絶えていたので、見ていませんでした。心配していました!
お父さん登場ですね!応援しますが、時々は美穂さんの優しい文面も期待したいですね!!男らしいパパのブログも楽しみですが…頑張れ!!パパ!!
Commented by fp-okuyama at 2012-01-30 13:59
kurazea_zukuriさん、コメントありがとうございます。美穂さんもしばらくしたら、投稿して頂けるとおもいますので。ときどきチェックしにきてください。がんばります!!!
by fp-okuyama | 2012-01-29 18:38 | ecoなはなし | Comments(2)