快適に暮らせる「木の家」をお施主様と二人三脚でつくり上げる工務店 株式会社奥山建設 代表小林大介と妻むらおかみほ夫婦です。 埼玉県在住。


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

住宅の地盤調査チェックポイント⑤ | スウェーデン式サウンディング試験

d0080906_1445929.jpg
こんにちは、小林です。

前回の続きです。
地盤調査で掘った穴にメジャーを差し込んで何をしていたか??答えは、地下水位の簡易確認です。地下水位の高い(浅い層に地下水がある)軟弱な砂質地盤では、液状化の危険性があるといわれています。

以前、ある地盤調査士の方(スウェーデン式サウンディング試験)に地下水位の確認はできなかと相談した事があり『出来ない』といわれた事があります。質問の仕方が悪かったのかもしれませんが・・・。同じ費用を支払っても仕事の質はイロイロ、仕上がりもマチマチという事です。

地盤調査のチェックポイントをおさらいします。
①事前調査(近隣地盤調査データ等から土質や地形分類を調査)
②測定ポイントを調査士と打合せ
③1ポイント目にて、支持地盤の深さと地耐力の推移を把握。
④2ポイント目以降は、1ポイント目とのバラつき有無をチェック。
⑤明らかに他のポイントと異なった箇所は、原因追求を行う。※必要に応じ測定点追加。
⑥粘性土且つ軟弱⇒においのチェック(腐植土確認)
⑦調査中の作動音や振動から、砂質・粘性土のチェック。
⑧測定穴が綺麗に残れば、スケールを差込み地下水位の簡易チェックを行う。



スーパー調査士T氏、沢山の質問にお答え頂き有難うございました。

(おわります)

住宅の地盤調査チェックポイント①はこちら
住宅の地盤調査チェックポイント②はこちら
住宅の地盤調査チェックポイント③はこちら
住宅の地盤調査チェックポイント④はこちら


-----------------------------------------------------------------
フェイスブックページでも情報発信中です。
小林大介のフェイスブックページを見てみる
皆様のいいねが原動力!!友達申請お待ちしております!!


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい ■■■

blogランキングへ 
人気blogランキングをクリック☆
 応援ありがとうございます。
---------------------------------------------------------------------------
by fp-okuyama | 2013-09-25 15:11 | Comments(0)