人気ブログランキング | 話題のタグを見る

快適に暮らせる「木の家」をお施主様と二人三脚でつくり上げる工務店 株式会社奥山建設 代表小林大介と妻むらおかみほ夫婦です。 埼玉県在住。


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

小さな工務店だからこそできる事を。

小林です。

今日の現場。
ユニットバスの組み立て、外壁仕上げの施工も始まりました。ユニットバスは、搬入状況の確認後換気口の開講方法、リモコン位置、床仕上がり高さなどを職人さんと会話。外壁施工では、下地の位置を再確認。ガルバリウムなので、給湯器やアルミ庇、縦樋、ポストの固定位置に下地を入れておきます。ガルバは潰れ易いのが難点です。その他、施工方法等について現場で気が付いたことがあれば会話するようにしています。
僕達、監督は実際に手を動かして組み上げる事はあまりしないので長年勤めていても知らない事も有ります。なるべく知らない事が少なくなると良いなと思い、現場に行ったら知らない事を見つけるよう心掛けてきました。
建築士の資格を取る為の知識や、
構造計算や外皮計算の方法といった机で行う作業について学んでいても、現場で行われている事の全てが分かるという訳ではないと思います。
家を造っていると色々な事象に出逢います。例えば、家中暖かい家と寒い家。それは、家の作りや設備の性能、立地や暮らし方といった複合的な原因の結果なのですが、どうしたらより寒さを感じずに暮らせるのか?より小さなエネルギーで暖かい家を成立させられるのか?その方法について暮し手さんに的確に伝えられるのか?
未だこれがベストと言える答えは見つかりません。都度改善を繰り返す他無いように感じているのですが、現場と机その両面から知識を深める事にその答えを見つけるヒントがあるのだと思います。
小さな工務店だからこそできる事を。



179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

by fp-okuyama | 2022-02-16 23:19 | 現場 | Comments(0)