人気ブログランキング | 話題のタグを見る

快適に暮らせる「木の家」をお施主様と二人三脚でつくり上げる工務店 株式会社奥山建設 代表小林大介と妻むらおかみほ夫婦です。 埼玉県在住。


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

立山黒部に行ってきました

立山黒部に行ってきました_d0080906_946281.jpg
むらおかです。

8月9日から、家内と二人で、立山黒部にいってきました。

大宮から新幹線で長野まで。

長野から扇沢までバスで。

扇沢(1433m)から黒部ダム(1470m)まで関電トンネルトロリーバスで。

トロリーバスを降りて、地下トンネルの階段を上がると、

黒部ダムが見えてきました。




展望台で、私たちと同じ中年の二人連れの方から、写真を撮って欲しいと頼まれました。
ついでに・・・と、私たちの写真も撮ってください!と頼みました。

立山黒部に行ってきました_d0080906_9481412.jpg

幼い頃から、土木関係の仕事をしてみたいと思っていた自分にとっては、このダムは、今まで見に来ていないのがおかしいほど、とても興味があり、楽しみにしていたので、やっと来たか!という思いでした。

どうして土木を選ばないで、建築の仕事に就いたかというと、
大学受験の時に、ダムの仕事につくと、「一生山にこもって、結婚も出来ないかもわからないよ。」と友人から冗談ぽく言われ、「それは困る。ビルを造る仕事にしよう。」と思い、建築を選んだと記憶しています。
現在ビルではなく、住宅をつくっていることに、人生には色々な転機があるのだと考えさせられました。

ダムの上を15分程度歩き、そこから黒部平(1828m)まで、黒部ケーブルカーに乗りました。


立山黒部に行ってきました_d0080906_10203663.jpg

立山黒部に行ってきました_d0080906_10105476.jpg
ケーブルカーを降り、今度は立山ロープウェーで大観峰(2316m)まで。

途中、黒部湖が見えたり、谷間には雪が残っていたりと、すばらしい眺めでした。


大観峰から、立山をくりぬいた立山トンネルを、またまたトロリーバスで室堂ターミナル(1450m)までたどり着きました。

自宅を朝8時に出発して、ターミナルに直結しているホテル立山に着いたのが午後3時少し過ぎていました。
よく乗り物にものり、よく歩きました。

朝は台風が近づいていて傘をさして、自宅を出たのですが、室堂は晴天でした。


立山の山々には、少し雪が残っていて、
澄み切った空気とすばらしい景色で私たちを迎えてくれました。

立山黒部に行ってきました_d0080906_10301383.jpg

ホテル立山。遠くに見える雲の下が富山。
by fp-okuyama | 2006-08-17 10:31 | 過去の社長発信ブログ | Comments(0)