人気ブログランキング |

快適に暮らせる「木の家」をお施主様と二人三脚でつくり上げる工務店 株式会社奥山建設 代表小林大介と妻むらおかみほ夫婦です。 埼玉県在住。


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2006年 10月 10日 ( 1 )

新展示場のテーマ

 今まで『成長する家』を造らせていただいたなかで、とても印象に残っていることがあります。
 それは「お子さんと一緒に、かけがえのないこの時を過ごす家」に対するお客様の情熱でした。私達は、子どもを育てていく時間がとても大切だと思いました。

子育て物語 
 そこで新展示場の名称を「成長する家 ~子育て物語~」としました。
1.母親の目線
2.子どもの目線
3.子どもとのつながり
 この3つから、具体的な子どもと一緒の生活を思い浮かべて進めています。

1.母親の目線
ベビーカーを置いてもゆったりとした玄関
吹抜けのある家でのびのび子どもを育てたい

2.子どもの目線
自分で片付けできるかな
ぼくのおうちはアスレチック

3.子どもとのつながり
朝起きたら、顔の前に子どもの足
柱の傷は背比べ

新展示場のテーマ_d0080906_17305729.jpg

↑玄関イメージスケッチ

というように、これから24回シリーズで、ひとつひとつの子育て物語のシーンを連載してまいります。 どうぞお楽しみに!

新展示場のテーマ_d0080906_17344395.jpg











←ここはぼくたちの部屋
・「当面は収納に・・・」と考えられていたロフトも、子ども達にとっては、格好の遊び場。
・無垢のパイン材の床は、オイル仕上げで、優しい感触。


我が家の「あったらいいな」

新展示場のテーマ_d0080906_1740201.jpg
「自分で片付けできるかな~?」
 子どもが自分でおもちゃをしまえたり、手を洗えるような工夫があったらいいなと思います。子どもの「できた!」を応援してあげたいと思います。
 その反面、子どもがさわれない場所も必要。「危ないこと」を教えるのも大切だけれど、その前に出来るだけ叱らなくてもすむようにしておきたい。
 あなたはどう考えますか?
by fp-okuyama | 2006-10-10 17:23 | 子どもの城 | Comments(4)