埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな14歳*息子だいり13歳*たいら2歳☆


by fp-okuyama

2012年 04月 10日 ( 2 )

d0080906_2282968.jpg
こんにちは、小林です。(写真は昭和25年~30年位の風景です。)

4月15日(日)・4月22日(日)に現場見学会を企画しています。
《構造を見てみよう+現場見学会》

当日の資料を整理していると、
建築基準法が公布された昭和25年とはどんな時代だったのだろうか?
と無性に気になってしまい、WEBで情報収集を始めました。

昭和25年は
志村けん、久石譲、舘ひろし、和田アキ子が生まれ、
金閣寺が焼失し、サントリーウィスキーオールドが発売されました。
国外では朝鮮戦争が勃発した年であり、前年には中華人民共和国が建国されています。

住宅業界はというと、
戦後の住宅不足を補う為、住宅建設が盛んに行われ。
住宅金融公庫が発足し、住宅品質の向上を目的とした『木造住宅建設基準』が生れたそうです。
また、駐屯していた米軍の為の住いの建設は洋風文化を定着させる役割を担ったようです。

清家清の『私の家』や池辺陽の『立体最小限住宅』、
吉武泰水による51C型/集合住宅の先駆けが考え出されたのもこの頃の事。

モノの無い時代、
造り手達は限りある資源から豊かな生活を創出する工夫や、
新しい価値を生み出す事に熱意を注いでいたのではないかと想像します。

その頃の写真には空白地帯が多く存在しています、
その空白は、淋しさで無く活気を帯びているように感じます。


■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい ■■■

blogランキングへ 
人気blogランキングをクリック☆

 
[PR]
by fp-okuyama | 2012-04-10 22:28 | これまでの勉強会 | Comments(0)

オリーブ

d0080906_823819.jpg
こんにちは、小林です。

ベランダのオリーブに黄緑色の柔らかなはっぱ。

若葉の季節ですね。
我が家の若葉君は元気良く小学校へ。

■■■ 木の家のぬくもり 明日が楽しみになる住まい ■■■

blogランキングへ 
人気blogランキングをクリック☆

 
[PR]
by fp-okuyama | 2012-04-10 07:56 | 四季を感じる庭 | Comments(0)