人気ブログランキング |

快適に暮らせる「木の家」をお施主様と二人三脚でつくり上げる工務店 株式会社奥山建設 代表小林大介と妻むらおかみほ夫婦です。 埼玉県在住。


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:住宅( 102 )

お元気でお過ごしですか むらおかみほです。

少し遅くなってしまいましたが
奥山建設ホームページに 練馬の家 のお写真を掲載させていただきました。


スタイリッシュで、お施主様のお家への愛情が込められています。

d0080906_14063199.jpg




179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

by fp-okuyama | 2019-05-07 14:00 | 住宅 | Comments(0)

こんにちは 小林です。


計画案について。


d0080906_11045522.jpg


隣接地はメーカーさんの開発分譲。建物に3方を囲まれた計画地です。

冬の日差しを取り込めるよう、窓の位置や建物配置を検討中。

明るくて開放的な心地よく住める間取りを。





179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

by fp-okuyama | 2019-02-16 11:04 | 住宅 | Comments(0)

構造材加工図のチェック

こんにちは 小林です。


d0080906_11081312.jpg


ふじみ野の家
構造材加工図のチェック、修正作業中。

プレカット業者さんから送られてくるデータは図面だけではなく、こんな形でも確認出来ます。

何度もチェックを繰り返し、より良い架構計画を模索しています。




179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

by fp-okuyama | 2019-02-15 11:07 | 住宅 | Comments(0)
こんにちは 小林です。

設計中の物件。
3Dプログラムを利用して、日照について検討中。

d0080906_16414579.jpg



東の方位が建物に囲まれているため、
の朝日が心配でしたが、何とかなりそう。

続いて、壁量検討。
耐震等級3設定にて、充足率1.47。
地盤の柔らかいエリアなので、安全率は少し高めに見込んでおきたいと思います。


ひとつひとつ丁寧に。
お住まいいただくご家族にとって最高の住いを。


178.png 完成見学会のおしらせ

8月18日・24日・25日の3日間の開催です。

詳しくは イベント情報 よりご確認ください。

ご来場をお待ちしております。

d0080906_14385757.jpg



179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

by fp-okuyama | 2018-07-28 16:49 | 住宅 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_15502470.jpg
※寝室の窓から

朝起きて、窓を開けると庭の木々の様子が伺えます。
あっちの木は元気になってきたなとか、こっちの木は少し様子がへんだなとか。
下草少し茂りすぎだなとか、あの辺の枝をぬいたらスッキリするかなとか。
考えながら、草木の緑は綺麗だと感じる、日曜日の朝です。

今日はご相談いただいている案件の資料作製DAY。


179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

by fp-okuyama | 2018-06-10 09:08 | 住宅 | Comments(0)
お元気でお過ごしですか むらおかみほです。

先日「つなぐ家」へ撮影に伺いました。
お写真ができましたので、少しご紹介させていただきます!

d0080906_17524841.jpg
 


d0080906_17511925.jpg
 



d0080906_17511919.jpg

木のぬくもりに包まれるリビングが中心となり、
南の庭、水廻り、吹抜けから2階まで空間がつながります。

木のぬくもりと、白い壁。
そこに差し色のように、シックな家具や小物を置かれています。

大人カッコイイ空間で、息子さんがのびのびと過ごされていて
・・・素敵でした~*^^*


Y様、撮影にご協力くださいまして、ありがとうございました!!!

3月にY様からいただいたお手紙を、
ホームページ>設計施工例にてご紹介させていただいております。
ご覧くださいませ173.png





179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

by fp-okuyama | 2018-05-29 18:05 | 住宅 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_10452619.jpg
※気持ちの良い景色

家づくりのご相談を頂いているお客様と、計画地へ。
敷地の東側に広がる茶畑。

ファさーと気持ちの良い風が通り抜けて行きます。
素敵な住まいの完成まで、いくつものハードルを越えて行きます。
ひとつひとつ確実に。
それが、丁寧な仕事なのだと思います。

このロケーションを活かす、心豊かな暮らしの場を造りたいと思います。



179.png 株式会社奥山建設 179.png

\ 6月3日は現場見学会 /
→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 



by fp-okuyama | 2018-05-27 17:44 | 住宅 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_16575480.jpg

※田植えの季節です。

タイルをあしらった我が家の洗面台。
窓の外には、ヤマボウシの花が咲いています。

ヒンヤリとした朝の空気。
お隣さんの田んぼに水が張られました。

水面でキラリキラリと反射する朝日。また心地よいものです。

窓から何がみえる・・・?
「心地よい家 」を考える時、着目してみてください。



179.png 株式会社奥山建設 179.png

\ 6月3日は現場見学会 /
→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

by fp-okuyama | 2018-05-23 17:10 | 住宅 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。


d0080906_17160191.jpg
今年の新芽も緑が色濃くなってきました。
我が家の庭、日曜日の朝です。

お家を建てて、庭づくりを始めてからもうすぐ丸4年。
少しづつ成長している木々が、毎日少し変わった景色を楽しませてくれます。
ゆっくりと眺める時間はなかなか無いのですが、
一瞬一瞬に発見があります。

綺麗だなと感じた瞬間に写真を取り、夫婦で良いアングル見つけたねと話したりする幸せ。

d0080906_17215734.jpg

今日は、お施主様のご厚意で先日お引渡しをさせて頂いた“つなぐ家/さいたま市”の撮影を行わせて頂きました。
豊かな暮らしの様子は、後日ホームページにてご紹介させて頂きます。

ご協力頂きましたY様ご家族、フォトグラファーさんどうもありがとうございました。











179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

by fp-okuyama | 2018-05-13 17:15 | 住宅 | Comments(0)
こんにちは、小林です。

昨日の続きです。秩父、高橋建築さんを見学させて頂きました。

d0080906_11321363.jpg
★2月2日の様子(秩父郡小鹿野町にて)

2月1日は雪が降りました。翌2日も曇り空でお日様は有りません。
秩父パッシブハウスを体感するうえではこの上ない好条件です。

ちなみに、気象庁のHPから見学日の気象データを確認すると以下
d0080906_13302322.jpg
最低気温こそ低くは有りませんが、最高外気温は2.0℃。
※秩父の1月の最低外気温は-7℃を下回る日も多く-10℃近くなる事もあるようです。

そんな環境において、秩父パッシブハウスではエアコン暖房を一切使わないそうです。実際見学時にもエアコンは運転していませんでしたが室温は16度程度で床壁天井共に安定している状態でした。室温の記録を見せて頂きましたが、朝方17度程度まで室温が下がり日射熱の取得により24度程度まで上昇、日が沈むと少しづつ温度が下がり朝を迎える。その繰り返しでした。データを見る限り快適そうですし、エアコンを使わずに室温をキープできるというのは凄い事だと感じます。

パッシブハウスは暖かった。雪の中でも。

では芸が無いので、住宅屋の視点で教えて頂いた事を踏まえ整理しておきます。

断熱材について
ネオマフォーム外張り断熱に加え充填断熱。※施工のコツなど教えて頂きました。有り難いです!!
充填断熱については、幾つかバリエーションがあるとのこと。Ua値は0.26~0.30程度。※住宅の省エネ基準を調べるとその凄さが判ります。弊社では熱伝導率0.020厚み100㎜の断熱材を柱の間に充填する断熱方式を採用していますが、Ua値は0.38~0.42程度です。外壁のみ外張り断熱材を90㎜付加(熱伝導率=0.020として)して計算してみるとUa値は0.28となりました。HEAT20の1地域G2レベルの性能となります。

d0080906_14245470.jpg

ただし、外壁に使用する断熱材は弊社標準設定の約2倍。施工手間もずいぶん膨れそうな印象です。



d0080906_11321964.jpg
★現場視察中


断熱区画、施工方法について
高橋社長より、現場を見学しながらレクチャー頂きました。外張り断熱を施工した事が無かったのでどれほど難しい物なのかと思い込んでいましたが、現場の様子を実際に見る事でイメージが湧きました。断熱区画は面を揃える事で快適感に寄与するそうで、下屋など外壁がデコボコする部分や基礎と壁の取り合いなど丁寧に施工されています。



ダイレクトゲインが大事
d0080906_14483617.jpg
我が家でも検討したダイレクトゲイン。(冬季の日射熱取得)
見学させて頂いた工事中の建物も南側に大きな開口部が設けられておりました。日射熱取得の大きなガラスを採用すると良いのですが、カーテンやレースを下げてしまうと熱取得が減ってしまいます。弊社の施工エリアのように住宅密集地だと採用が難しい手法です。

外張り断熱と熱交換換気。
新たな可能性を体感し、有意義な一日となりました。

秩父の高橋建築さんどうもありがとうございました!!


















by fp-okuyama | 2018-02-03 13:11 | 住宅 | Comments(0)