埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:現場( 191 )

こんにちは。
小林です。

d0080906_16551834.jpg
※サーモカメラにて撮影

2018年6月3日 午後1時頃撮影
外気温は28℃位

現場見学会の合間に、サーモカメラを使ってみました。
玄関土間、コンクリートは熱容量が大きく暖まりにくいため、他の部分に比べて温度が低いことがわかります。


d0080906_16553262.jpg
※2階西面の壁

窓 > 断熱材の表面 > 柱等の木部。

熱伝導率順に表記すると

窓 > 木部 > 断熱材。

外部の表面付近の温度や、日射の当たり方がほぼ同じと想定する場合、断熱材表面温度が木部より高くなる理由はなんだろうかと考えてみました。

室内空気などの影響で、断熱材と木部の室内側表面温度が上ったのだろうか?断熱材部分については床付近が青く位置が高くなるにつれ温度が上がっている。


d0080906_16553955.jpg
※2階南面の窓


窓の両脇を開いているので、サッシ中央が窓ガラスとなる。
こうやって見ると、窓を開けない方が温度が低くなり涼しいのではないかと思えてくるが、実際には風が涼感を与えてくれるので一概に言えない。
さきほど同様、窓から入った暖かい空気が窓近くの断熱材と間柱を温めている。


d0080906_16554950.jpg
※屋根面の様子

興味深い写真。
夏至まで1ヵ月を切っているので、南昼時の太陽高度も高く屋根自体は相当に熱せられていると思う。
(横着せずに屋根面の写真も撮っておけば良かったと。)
ネオマフォームを使った断熱工法を精査していく中で、少し屋根の構造的な組み方を改善している。発端は大工さんの意向で施工性を考えてモノだったが、結果隙間を小さくし断熱材の施工精度も向上したことがわかる。木部の熱橋も小さくなっているようにも見えるが、カメラの表示温度設定がいまいちなので屋根部分の熱の伝わり方については引き続き研究したいと思います。


178.png  OB様宅訪問ツアーのご案内
7月1日(日)
13時30分 集合 ~ 16時 解散予定
ご予約制 定員5組様
現在1組様ご予約いただいております。

集合場所:奥山建設モデルハウス「成長する家」(埼玉県ふじみ野市新田)
詳しくは、ホームページをご覧ください。
d0080906_16192516.jpg



179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

[PR]
by fp-okuyama | 2018-06-14 11:11 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_13291822.jpg
※オレンジ色のチューブ

建物の外壁部分。
オレンジ色の管はチューブ状になっており、後日電話線や光ケーブルを引き込むための物です。
後から壁に穴を開けなくても良いように取り付けておきます。


管のまわりは、透湿防水紙(銀色の紙)とテープで目張りしています。
さらに良く見ると、コーキングで小さな隙間を埋めていることも分かります。


今回の物件は、外張り断熱材の外側面で気密処理をしています。

d0080906_13572293.jpg
※ピン色のテープで目張りしているところ

壁に穴をあける箇所の漏気を無くすためには、
この外張り断熱材との隙間を埋める事が望ましいです。


d0080906_13554675.jpg
※壁の断面構成


一番上の写真にて、銀色のシート《透湿防水紙》が、断熱材の外側に施工されています。

d0080906_13580832.jpg
※拡大するとこんな感じです

外張りの断熱材と透湿防水紙はくっついていて、そこから空気が流れ込む(漏気する)というイメージが発想できる人は多くないように思います。が上の図のように、断熱材と透湿防水紙の間をバーンとあけて書いてみると。

気密処理はどこで行うべきか見えてきます。


d0080906_13294666.jpg


透湿防水紙をペローンとめくって、
ここっ。

断熱材とオレンジ色のチューブの隙間。
ここにコーキングなどを詰め込んで、漏気を止めるのがベターだと考えます。

その後、テープで防水処理を行うと

d0080906_13291822.jpg

こうなります。


~ 快適な家づくりを目指して ~


[PR]
by fp-okuyama | 2018-06-13 14:21 | 現場 | Comments(0)

現場確認 | 換気工事

こんにちは。
小林です。

d0080906_16052008.jpg
※換気工事屋さんのお仕事

これは、自然給気口設置作業の様子です。
室内側からホールソーで穴をあけた後、
屋外側から、ハサミで一回り大きく透湿防水紙を切っているところです。


d0080906_16052759.jpg


こうする事で、自然吸気口のパイプと外張りの断熱材とをしっかり気密処理できるという訳です。
気密処理後はこんな感じになります。


d0080906_16133744.jpg



179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 




[PR]
by fp-okuyama | 2018-06-06 16:04 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_16195412.jpg
※見学会の展示です

『一棟一棟丁寧に、私達が手作りしています』

良いコピーだと思う。


179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

[PR]
by fp-okuyama | 2018-06-05 16:18 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_10523980.jpg
※ご案内の葉書をつくりました。

6月3日に現場見学会を行います。

紀州で育った構造材(山長商店)を使い、
耐震強度と保温性、気密性能に優れた建物をめざしました。

より快適な性能をめざし、
弊社初のダブル断熱にチャレンジしています。
大工さんの技術と努力があり、気密測定結果も◎。

弊社の取り組みにご理解下さったお施主様に感謝です。
素敵なお住まいです、お時間のある方は是非ご見学にいらして下さい。



179.png 株式会社奥山建設 179.png

\ 6月3日は現場見学会 /
→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 


[PR]
by fp-okuyama | 2018-05-28 10:52 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_17201315.jpg
※給湯器を固定する為の下地

外壁材は、ガルバリウム鋼板サイディングを予定しています。
外壁材を施工する前に、何かを固定するための下地を準備しておくことが大切です。

給湯器、ポスト、大型の照明器具、物干し金物、バルコニー・・・。

薬剤を使った防蟻処理を出来るだけ行いたくないので、下地にはヒノキ材を。

建物内部では、電気配線、換気ダクト工事が始まり、
菅野棟梁は、無垢のフローリング施工に取り掛かりました。
ひとつひとつ丁寧な仕事を積み重ねて参ります!


179.png 株式会社奥山建設 179.png

\ 6月3日は現場見学会 /
→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 


[PR]
by fp-okuyama | 2018-05-24 17:25 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_16450778.jpg
※外壁・屋根面の断熱材施工状況

屋根、壁、床の断熱材施工。
気密テープ貼り、
断熱サッシの組み込みが完了しました。

今回初めての外張り断熱(ダブル断熱工法)ということもあり、このタイミングで気密測定を行います。

d0080906_16452240.jpg
※お施主様、現場確認中

設計士がお施主様へ、計画内容と現場施工内容について解説しているところ。
いくつか変更提案をさせていただきましたが、快諾頂きました。

さて、いよいよ気密測定です。
 
d0080906_16462308.jpg
※測定中

施工に携わった大工さんも見守るかな測定開始。
測定器に表示されている数字の『17』は、このお家にある隙間を足し合わせた面積を意味します。

17c㎡。
約4cm角。
マッチ箱位の大きさです。

d0080906_16462839.jpg


測定士さんから、お施主様へ結果のご報告。
弊社初の『ダブル断熱工法』にご協力頂いたこともあり、今回はお施主様立会いのもと気密測定を行いました。


d0080906_16463871.jpg
※C値=0.14

写真では判り難いですが、とても良い結果が出ました。
僕の担当する物件の最高記録です。



179.png 株式会社奥山建設 179.png

\ 6月3日は現場見学会 /
→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

[PR]
by fp-okuyama | 2018-05-22 16:38 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_18571294.jpg

 
会社前の庭。
少しづつですが緑豊かになって来ました。



d0080906_18572425.jpg

 
「朝霞の家」現場確認へ行ってきました。
弊社初の『ダブル断熱工法』です。
(充填断熱100㎜+外張り断熱30㎜仕様です)

明日は、いよいよ気密測定を行います。
不安もあり、期待もあり。
新工法、良い結果につながることを願って。



179.png 株式会社奥山建設 179.png

\ 6月3日は現場見学会 /
→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 



[PR]
by fp-okuyama | 2018-05-21 18:52 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_15380777.jpg
朝霞市の現場。

外断熱(付加断熱)の施工が終わり、防水紙と通気胴縁の施工中。
丁寧な施工に感謝感謝。

d0080906_15415987.jpg

住宅検査センターの現場検査も無事終了しました。






179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

[PR]
by fp-okuyama | 2018-05-18 15:36 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_17294325.jpg
100㎜の充填断熱に加え、30㎜の外張り断熱を施工しています。
秩父の高橋建築さんにインスパイアされ今回初挑戦。

当初は90㎜の外張り断熱を検討したのですが、都市部の敷地の場合隣地境界との空き間や設備機器の配置に課題が生じる為ひとまず30㎜にて挑戦する事に。
弊社の新たな取り組みにご理解頂いたお施主様に感謝です。

木部や構造金物といった熱橋部分が減ります。
体感や消費エネルギーの違いに関心が高まります。

と理屈ではそういう事なのですが、しっかりと施工されていなければ計算どおりの性能は発揮されません。
現場では大工さんが、頭を捻りながら正しい施工方法を模索中です。感謝感謝


6月初旬に現場見学会を開催予定です。
ご興味のある方は是非。





179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

[PR]
by fp-okuyama | 2018-05-14 17:28 | 現場 | Comments(1)