人気ブログランキング |

快適に暮らせる「木の家」をお施主様と二人三脚でつくり上げる工務店 株式会社奥山建設 代表小林大介と妻むらおかみほ夫婦です。 埼玉県在住。


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

FP通信101号より 【かとうさんの日常】_d0080906_16204725.jpg

by fp-okuyama | 2005-12-08 16:20 | 過去のかとうさんの日常 | Comments(0)
 一昔前までは、『家づくりの事は工務店さんか大工さんに聞けばわかるよ』と言われていました。しかし今では、『ひとまず展示場を見てから考えよう』という時代のようです。
 家づくりについて知りたいと思った時、昔の方法と今の方法とではどちらが良いのでしょうか。
 住宅先進国では、小学校の時から住宅について学びます。家の性能や耐久性等の科学的なことから、住居学といった社会科学的な広い意味での人間学のようなものまで小さな時から教えています。
 一方日本では、工業高校や専門学校、大学の専門学科以外では、カリキュラムの内にはないことがほとんどです。
 そこで私は、皆さんがより良い住まいについて考えていただけるように、図書館に行かれて、住宅学や住居学について勉強をしていただけたらと思っています。
FP通信101号より 【家づくりの本を探しに、図書館へ行こう!】_d0080906_10402569.jpg

 例えば室内空気について、上の図のような興味深いデータがあります。住宅先進国、スウェーデンの資料ですが、人が一生涯で摂取する物質の重量比を示したものです。
 このデータによると、人が一生のうちで最も口の中に入れているものは、重量比で室内空気が57パーセントにもなることがわかります。
 本の中には、家づくりに役立つたくさんの知識と情報がねむっています。家づくりの本をさがしに、図書館へでかけてみませんか。
 皆様の家づくりのご参考にしていただければと思います。

FP通信101号より 【家づくりの本を探しに、図書館へ行こう!】_d0080906_11324562.jpg

◇ おすすめの本のご紹介 ◇
安全・健康・財産を守ってくれる『健康住宅』を実現するためには……。シックハウス症候群など、私達をとりまく住環境についてわかりやすく説明しています。
『この家が、あなたを守る。』 山本里見 工学博士著
リヴァープレス社より発行
by fp-okuyama | 2005-12-08 10:13 | 本いろいろ | Comments(0)