埼玉県ふじみ野市を中心に家づくりのお手伝いをしています。 夫小林大介*妻むらおかみほ*娘ひな13歳*息子だいり12歳*たいら1歳☆


by fp-okuyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:家づくり ( 82 ) タグの人気記事

こんにちは。
小林です。

d0080906_16551834.jpg
※サーモカメラにて撮影

2018年6月3日 午後1時頃撮影
外気温は28℃位

現場見学会の合間に、サーモカメラを使ってみました。
玄関土間、コンクリートは熱容量が大きく暖まりにくいため、他の部分に比べて温度が低いことがわかります。


d0080906_16553262.jpg
※2階西面の壁

窓 > 断熱材の表面 > 柱等の木部。

熱伝導率順に表記すると

窓 > 木部 > 断熱材。

外部の表面付近の温度や、日射の当たり方がほぼ同じと想定する場合、断熱材表面温度が木部より高くなる理由はなんだろうかと考えてみました。

室内空気などの影響で、断熱材と木部の室内側表面温度が上ったのだろうか?断熱材部分については床付近が青く位置が高くなるにつれ温度が上がっている。


d0080906_16553955.jpg
※2階南面の窓


窓の両脇を開いているので、サッシ中央が窓ガラスとなる。
こうやって見ると、窓を開けない方が温度が低くなり涼しいのではないかと思えてくるが、実際には風が涼感を与えてくれるので一概に言えない。
さきほど同様、窓から入った暖かい空気が窓近くの断熱材と間柱を温めている。


d0080906_16554950.jpg
※屋根面の様子

興味深い写真。
夏至まで1ヵ月を切っているので、南昼時の太陽高度も高く屋根自体は相当に熱せられていると思う。
(横着せずに屋根面の写真も撮っておけば良かったと。)
ネオマフォームを使った断熱工法を精査していく中で、少し屋根の構造的な組み方を改善している。発端は大工さんの意向で施工性を考えてモノだったが、結果隙間を小さくし断熱材の施工精度も向上したことがわかる。木部の熱橋も小さくなっているようにも見えるが、カメラの表示温度設定がいまいちなので屋根部分の熱の伝わり方については引き続き研究したいと思います。


178.png  OB様宅訪問ツアーのご案内
7月1日(日)
13時30分 集合 ~ 16時 解散予定
ご予約制 定員5組様
現在1組様ご予約いただいております。

集合場所:奥山建設モデルハウス「成長する家」(埼玉県ふじみ野市新田)
詳しくは、ホームページをご覧ください。
d0080906_16192516.jpg



179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

[PR]
by fp-okuyama | 2018-06-14 11:11 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_13291822.jpg
※オレンジ色のチューブ

建物の外壁部分。
オレンジ色の管はチューブ状になっており、後日電話線や光ケーブルを引き込むための物です。
後から壁に穴を開けなくても良いように取り付けておきます。


管のまわりは、透湿防水紙(銀色の紙)とテープで目張りしています。
さらに良く見ると、コーキングで小さな隙間を埋めていることも分かります。


今回の物件は、外張り断熱材の外側面で気密処理をしています。

d0080906_13572293.jpg
※ピン色のテープで目張りしているところ

壁に穴をあける箇所の漏気を無くすためには、
この外張り断熱材との隙間を埋める事が望ましいです。


d0080906_13554675.jpg
※壁の断面構成


一番上の写真にて、銀色のシート《透湿防水紙》が、断熱材の外側に施工されています。

d0080906_13580832.jpg
※拡大するとこんな感じです

外張りの断熱材と透湿防水紙はくっついていて、そこから空気が流れ込む(漏気する)というイメージが発想できる人は多くないように思います。が上の図のように、断熱材と透湿防水紙の間をバーンとあけて書いてみると。

気密処理はどこで行うべきか見えてきます。


d0080906_13294666.jpg


透湿防水紙をペローンとめくって、
ここっ。

断熱材とオレンジ色のチューブの隙間。
ここにコーキングなどを詰め込んで、漏気を止めるのがベターだと考えます。

その後、テープで防水処理を行うと

d0080906_13291822.jpg

こうなります。


~ 快適な家づくりを目指して ~


[PR]
by fp-okuyama | 2018-06-13 14:21 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_16195412.jpg
※見学会の展示です

『一棟一棟丁寧に、私達が手作りしています』

良いコピーだと思う。


179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

[PR]
by fp-okuyama | 2018-06-05 16:18 | 現場 | Comments(0)
お元気でお過ごしですか むらおかみほです。

先日「つなぐ家」へ撮影に伺いました。
お写真ができましたので、少しご紹介させていただきます!

d0080906_17524841.jpg
 


d0080906_17511925.jpg
 



d0080906_17511919.jpg

木のぬくもりに包まれるリビングが中心となり、
南の庭、水廻り、吹抜けから2階まで空間がつながります。

木のぬくもりと、白い壁。
そこに差し色のように、シックな家具や小物を置かれています。

大人カッコイイ空間で、息子さんがのびのびと過ごされていて
・・・素敵でした~*^^*


Y様、撮影にご協力くださいまして、ありがとうございました!!!

3月にY様からいただいたお手紙を、
ホームページ>設計施工例にてご紹介させていただいております。
ご覧くださいませ173.png





179.png 株式会社奥山建設 179.png

→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 

[PR]
by fp-okuyama | 2018-05-29 18:05 | 住宅 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_17201315.jpg
※給湯器を固定する為の下地

外壁材は、ガルバリウム鋼板サイディングを予定しています。
外壁材を施工する前に、何かを固定するための下地を準備しておくことが大切です。

給湯器、ポスト、大型の照明器具、物干し金物、バルコニー・・・。

薬剤を使った防蟻処理を出来るだけ行いたくないので、下地にはヒノキ材を。

建物内部では、電気配線、換気ダクト工事が始まり、
菅野棟梁は、無垢のフローリング施工に取り掛かりました。
ひとつひとつ丁寧な仕事を積み重ねて参ります!


179.png 株式会社奥山建設 179.png

\ 6月3日は現場見学会 /
→ご予約・お問合せはこちら

175.png埼玉県ふじみ野市福岡中央1-1-14
168.png049-262-2239
 


[PR]
by fp-okuyama | 2018-05-24 17:25 | 現場 | Comments(0)
こんにちは。
小林です。

d0080906_18211007.jpg
週末に予定している植栽の下準備の為、造園屋さんの畑へ。
ヤマボウシ、花のように見える白い葉っぱ。

持ち込む植木に目星をつけて、配置をイメージしておきます。
週末お天気がいまいちの予報ですが、何とか植込み出来る事を願って!!


d0080906_18245544.jpg
小さな白い花が可愛らしい、
これは何の花だか判りますか?

d0080906_18244589.jpg
こちらは、赤い房状につく小さな花です。
実や花も良いですが、葉っぱの雰囲気が好きです。

d0080906_18244064.jpg
ピンク色掛かったヤマボウシもありました。

夏のような陽気が続き、体が思うように動きませんが・・・。
自然のリズムに目を向けて、息抜き息抜き。


[PR]
by fp-okuyama | 2018-05-17 18:38 | 四季を感じる庭 | Comments(0)
こんにちは、小林です。

現場監督の仕事についてです。
d0080906_17241504.jpg
★タイルを採寸中

最近内装仕上げにタイルをご採用頂ける機会が増えました。
綺麗に仕上がると既製品には無い手づくりの魅力がありお勧めです。

d0080906_17375904.jpg
★流水彩 EN-09WM/名古屋モザイク

落ち着いた色味の洗面化粧台です。

素敵素敵。

d0080906_17374313.jpg
★アートモザイク ATS225-E-8/名古屋モザイク

鮮やかなブルー。

気持ちの良い一日が始まりそうです。

d0080906_17382129.jpg
★ナポリ BK-D7660/名古屋モザイク


こちらも洗面台。

アクセントタイルが可愛いですね。


d0080906_17381040.jpg
★リコモザイク RCO-25/102/名古屋モザイク

キッチンの袖壁でそっと。

照明にてらされて、優しい雰囲気に。

d0080906_17373283.jpg
★マシア EK-F3000/名古屋モザイク

タイル仕上では、上下左右に半端な寸法のタイルが入るとタイルを加工する必要が出てきます。モザイクタイルですと、ひとつひとつのタイルが細かい為現場加工が出来なかったり。大き目のタイルでも切断面が美しくなかったりと、現場担当としては少しでもお手入れが楽くな施工方法は無いものかとアレコレ知恵をしぼります。

さて、今回はキッチン収納の一部にタイルを貼ります。
設計担当より計画図を引き継ぎ各部の寸法をチェックし、造作収納との取り合いを検討します。

d0080906_17243719.jpg
★気が付いた点をメモ

タイル貼りの中間に木製カウンターが付く為、タイル割付寸法を正確に押さえておく必要があります。こういう、逃げどころのない仕事は完成するまでドキドキするものです。

d0080906_18024207.jpg
★タイルサイズをチェック

名古屋モザイクさんのタイルを使う事が多いです。

カタログに書かれている寸法は要注意。
特に縁取りがデコボコした質感のものは数ミリ寸法が異なっている事があります。
d0080906_17241504.jpg
幅は148㎜、カタログでは150㎜と記載されています。

d0080906_17242568.jpg
高さは74㎜、カタログでは74㎜と記載されています。

たったの1ミリの差ですが、タイル1枚ごとに1㎜ずつ図面とずれるので最終的に大きな誤差となる事もあるので注意します。

今回はコンセントが付くので、タイルの割付時にコンセントとのバランスも見ておきます。そこで使用するコンセントプレートとコンセントボックスのサイズを念の為チェックします。

d0080906_17244509.jpg
★パナソニック製

d0080906_17245371.jpg
図面では床仕上がりより950㎜をコンセントの中心にするようにと指示がありますが、2cm下げるとタイルとのバランスが良さそうだと分かります。ここは使い勝手が悪くならないようであれば下げさせてもらおうと思います。

d0080906_18141034.jpg
★イモかウマか

縦目地を、タイル半分ずつずらす貼り方(馬目地)指定でした。

タイルの貼り仕舞いが写真のようになり、タイルの小口が見える形に仕上がる場合はタイルを加工せず使った方が綺麗に仕上がると思います。※ウマ目地の場合は、1段おきに半分のサイズに切ったタイルが必要になります。

これも、後ほど設計担当に確認してみる事に。
ひとまずイモ目地で造作収納のサイズを検討していますが、どうしてもウマが良いと言われれば加工図面を書きなおす必要があります。確認しては直し、確認しては直しという作業を現場監督はしているのです。

僕たち現場監督が、綺麗に仕上げる事にこだわりを持たなかったらいけません。
図面に書いてある事に、改善の余地があれば検討すべきです。


過去の施工写真を眺めていたら、あの現場はこんな工夫をしたよなとか、大工さん頑張ってくれたよなとか、誰も気付いてないかもしれないけれどアレは神業だったよなとか。

一軒一軒丁寧に、思いを込めたモノづくりが出来ているなと嬉しくなりました。

全てのお客様へ感謝を込めて。


(こばやし)




[PR]
by fp-okuyama | 2018-02-04 17:54 | 現場 | Comments(0)
こんにちは、小林です。

昨日の続きです。秩父、高橋建築さんを見学させて頂きました。

d0080906_11321363.jpg
★2月2日の様子(秩父郡小鹿野町にて)

2月1日は雪が降りました。翌2日も曇り空でお日様は有りません。
秩父パッシブハウスを体感するうえではこの上ない好条件です。

ちなみに、気象庁のHPから見学日の気象データを確認すると以下
d0080906_13302322.jpg
最低気温こそ低くは有りませんが、最高外気温は2.0℃。
※秩父の1月の最低外気温は-7℃を下回る日も多く-10℃近くなる事もあるようです。

そんな環境において、秩父パッシブハウスではエアコン暖房を一切使わないそうです。実際見学時にもエアコンは運転していませんでしたが室温は16度程度で床壁天井共に安定している状態でした。室温の記録を見せて頂きましたが、朝方17度程度まで室温が下がり日射熱の取得により24度程度まで上昇、日が沈むと少しづつ温度が下がり朝を迎える。その繰り返しでした。データを見る限り快適そうですし、エアコンを使わずに室温をキープできるというのは凄い事だと感じます。

パッシブハウスは暖かった。雪の中でも。

では芸が無いので、住宅屋の視点で教えて頂いた事を踏まえ整理しておきます。

断熱材について
ネオマフォーム外張り断熱に加え充填断熱。※施工のコツなど教えて頂きました。有り難いです!!
充填断熱については、幾つかバリエーションがあるとのこと。Ua値は0.26~0.30程度。※住宅の省エネ基準を調べるとその凄さが判ります。弊社では熱伝導率0.020厚み100㎜の断熱材を柱の間に充填する断熱方式を採用していますが、Ua値は0.38~0.42程度です。外壁のみ外張り断熱材を90㎜付加(熱伝導率=0.020として)して計算してみるとUa値は0.28となりました。HEAT20の1地域G2レベルの性能となります。

d0080906_14245470.jpg

ただし、外壁に使用する断熱材は弊社標準設定の約2倍。施工手間もずいぶん膨れそうな印象です。



d0080906_11321964.jpg
★現場視察中


断熱区画、施工方法について
高橋社長より、現場を見学しながらレクチャー頂きました。外張り断熱を施工した事が無かったのでどれほど難しい物なのかと思い込んでいましたが、現場の様子を実際に見る事でイメージが湧きました。断熱区画は面を揃える事で快適感に寄与するそうで、下屋など外壁がデコボコする部分や基礎と壁の取り合いなど丁寧に施工されています。



ダイレクトゲインが大事
d0080906_14483617.jpg
我が家でも検討したダイレクトゲイン。(冬季の日射熱取得)
見学させて頂いた工事中の建物も南側に大きな開口部が設けられておりました。日射熱取得の大きなガラスを採用すると良いのですが、カーテンやレースを下げてしまうと熱取得が減ってしまいます。弊社の施工エリアのように住宅密集地だと採用が難しい手法です。

外張り断熱と熱交換換気。
新たな可能性を体感し、有意義な一日となりました。

秩父の高橋建築さんどうもありがとうございました!!


















[PR]
by fp-okuyama | 2018-02-03 13:11 | 住宅 | Comments(0)
こんにちは、小林です。

今日は久しぶりに社外研修へ。秩父郡小鹿野町へ行ってきました。

昨年末“日本一暖かい家”を造っている会社はどこなんだろうとふと疑問を持ちました。そこで、スタッフや工務店仲間や問屋さんに聞いてみました。すると、暖かい家の定義が幾つかある事に気が付きます。床暖房や薪ストーブといった設備を使って暖かい家を提案するタイプと、断熱や気密性、蓄熱量といった建物の性能を高める事で暖かい家を提案するタイプです。一軒一軒丁寧に建てる工務店としては建物の基本性能を高めるところにこだわりを持つべきです。そこで、断熱性能や気密性にこだわりを持った会社に絞って探してみると。

ココだろうという会社を見つけ、見学を申し込んでみたところ了承頂けたので。
設計スタッフ、工務スタッフに加え大工棟梁と共に学びに行ってきました。

d0080906_11320151.jpg
★秘密基地のような


今回見学させて頂いたのは、高橋建築(株)さんです。お忙しい中快く対応頂きまして本当にありがとうございます。
パッシブハウスと呼ばれる、小さなエネルギーで快適に暮らせる超高断熱住宅を手掛けられています。小さなエネルギーで快適に暮らせるのって当たり前じゃないのと思われる方はもう一度良く建設会社を分析してみて下さい。

写真は、熱交換換気システムについてお話を伺っているところです。

住宅では常に換気扇が室内の空気を排出し外部の空気を取り込むよう運転しています。そうする事で、湿気や匂いや二酸化炭素などを排出して空気が汚れないようにしています。冬を例にとると、室内には22度の空気があり外部は0℃だったとします。折角温めた22度の空気を排出し、冷たい0℃の空気を取り込む事で空気が綺麗な状態になりますが当然室温は下がります。なんだか熱が勿体ないですね。換気による熱ロスを小さくする為に、排気する空気の熱で外部から取り込んだ冷たい空気を温めてから給気する仕組みの換気扇を熱交換換気と呼びます。
有能な設備なのですが、長く快適に暮らせる家を設計しようと考えると熱交換換気には幾つか大きなハードルがあり弊社では採用しておりません。
そこで、熱交換換気を使った住まいの快適感を実際に体感するのがひとつの目的でした。運転音は思いのほか小さく、施工方法やおすすめメーカー等ヒントを頂けたので掘り下げてみようと思います。



d0080906_12393220.jpg
★熱損失計算書 2013年時のもの

余談ですが、吉見の家でも換気の運転方法によって快適感が向上しないかと試してみたことがあります。換気量を小さくしてみたり、不在時のみ止めてみたり。家族から家の中が変な感じと怒られたのでやめました・・・。熱損失量の計算書(吉見の家)のものです。赤く網掛けしたところが、換気による熱ロスで全体の23.34%となっています。わりと大きな熱量が換気によって移動している事が判ります。







[PR]
by fp-okuyama | 2018-02-02 22:31 | 住宅 | Comments(0)
こんにちは、小林です。

今日は、東川口の現場へ。
大工さんが壁紙の下地となる石膏ボードを施工中です。石膏ボードが張り終わってしまうと確認できなくなる、トイレリモコンやタオル掛けの下地を確認。併せて不足している資材の有無、その他の職方さんとの日程調整を行います。


d0080906_19462883.jpg
★日当たり良好、南西角地です。

メッシュシートで隠れていますが、この辺りから眺めた時に格好良い家になるように監督なりに工夫をしています。雰囲気良い建物かどうかは設計時に殆ど決まってしまうので、現場で出来る事といえば構造材の寸法や軒の作り方、雨樋やメーターボックスの位置、電線の引き込み位置や外構工事での配慮、植栽計画などです。





続いて川越の家へ

d0080906_19463355.jpg
★川越の家


こちらは仮設足場がとれ、大工さんが造作工事を進めています。
完成像が見えてまいりました。

最後に植栽で暮らしに彩りをとアレコレ妄想しておりましたが、なんとご親戚に造園屋さんがいらっしゃるとの事で・・・、ムネン。

それはそれで、どんな仕上がりになるのかが楽しみでもあります。

d0080906_19463830.jpg
★ひとりで飲めるようになりました。



事務所ではチビ助が帰りを待っておりました。

ペットボトルをガブガブ飲みながら。


( 小林 )

[PR]
by fp-okuyama | 2018-01-30 20:06 | 現場 | Comments(0)